羽越 本線 遅延。 白新線・信越線・弥彦線・上越線・羽越線・越後線(新潟地区)運用情報

いなほ (列車)

遅延 羽越 本線 遅延 羽越 本線

全車禁煙• また、発生当日の18時には酒田市で「雷」が観測されており 、大気の状態が非常に不安定になっていた。

18
その結果、事故直前の発車時点では、遅れは1時間8分に拡大していた。

JR羽越本線脱線事故

遅延 羽越 本線 遅延 羽越 本線

7月10日:西目駅 - 羽後本荘駅間の船岡トンネル入口で八戸発百済行きの上り貨物列車(電気機関車牽引)が崩れた土砂に乗り上げ機関車2両、貨車4両が脱線。

20
:鳥海仮乗降場が改称のうえ駅に変更され南鳥海駅が開業。 (平成20年)• 12月27日:砂越駅 - 北余目駅間に「強風警報システム」導入。

【電車遅延】羽越本線 白新線内で発生した人身事故の影響で運転見合わせ、電車遅延・・・情報がtwitterで拡散される

遅延 羽越 本線 遅延 羽越 本線

また、季節列車1往復(新潟 - 酒田)を設定し、定期7往復、臨時1往復となる。 太平洋戦争中は、日本海岸を縦貫する幹線ルートの一部として輸送力増強の要請から信号場が数多く追設され、戦後も部分的にではあるが複線化が行われている(当初は新発田 - 秋田を複線化する予定であったが、財務状況の悪化と輸送量の減少により中断された結果である)。 :701系電車が酒田駅 - 秋田駅間で運用開始され、1往復を除き50系客車を置き換える。

(平成9年):開業により、酒田駅 - 秋田駅間の運行は半分に削減される。 2018年4月17日閲覧。

いなほ (列車)

遅延 羽越 本線 遅延 羽越 本線

現実には高速走行中の運転士に判断は困難であり、社説掲載後の毎日新聞には非難が殺到し、掲載から約2ヶ月後の2006年2月7日、毎日新聞が検証記事において、科学的見地を無視した感情に偏った行き過ぎた批判であったことを認めた。

20
これと引き替えとして従来同区間を運行していた気動車急行「鳥海1号」はとなる。

東北の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

遅延 羽越 本線 遅延 羽越 本線

しかし、事故当日の酒田測候所が観測した最大瞬間風速は21. , 2014年5月20日閲覧。 (昭和35年)10月1日:北余目信号場(2代)が廃止。

8
:東酒田信号場が開設。 新津駅 - 村上駅間 直流1,500V• また、沿岸部を走行する区間が多いこともあり、特に冬期間は(特に)・の影響でほぼ慢性的な遅れや運休が発生している。

いなほ (列車)

遅延 羽越 本線 遅延 羽越 本線

(昭和38年): - 秋田駅間を運行する「 」が運行開始。 藤島駅 - 本楯駅間• 10月1日:大阪駅 - 青森駅間(北陸本線・信越本線・羽越本線・奥羽本線経由)で特急「」が運転開始。

17
陸羽西線の一部列車は、余目駅から酒田駅まで乗り入れる• 中条駅 - 平林駅間• 月日不明:平林仮乗降場が開業。 この事故を受け、JR東日本は全社的に列車運休にかかわる風速規制を強化し、それまで秒速30メートルで運休となっていた規制値を秒速25mに強化した。

白新線・信越線・弥彦線・上越線・羽越線・越後線(新潟地区)運用情報

遅延 羽越 本線 遅延 羽越 本線

, 2013年6月26日閲覧。

1
(大正10年):吹浦駅 - 象潟駅間 17. この事故は、運転士の経験や能力の範疇を超える突風によって起こったと推定される。

羽越本線 遅延に関する今・現在・リアルタイム情報|ナウティス

遅延 羽越 本線 遅延 羽越 本線

2017年12月14日閲覧。 (平成12年):村上駅 - 間島駅間で海沿いを通る下り線が高波の影響を受け路盤消失、この区間で2001年(平成13年)2月5日の復旧まで上り線を用いて単線運転を行う。 現場周辺の暴風雪により、被害者の捜索や事故車両の撤去は年を越した2006年1月1日まで掛かった。

3
11月29日:羽後本荘駅 - 羽後岩谷駅間で下り単行蒸気機関車()と上り貨物列車(ディーゼル機関車 548牽引)が正面衝突する事故()が発生。 (昭和57年)• 6月7日:酒田駅 - 本楯駅間で青森発富山操車場行き貨物列車(34両編成)の4両目から24両目までの21両が脱線し16両が転覆。