老い なき 世界。 【1分要約・レビュー】『LIFESPAN~老いなき世界』(老化原因・老化対策)|プリン|note

老いなき世界「人生のゴール」は無意味になる

なき 世界 老い なき 世界 老い

エピゲノムとは.。

14
本書は三部構成で、第1部「私たちは何を知っているのか(過去)」、第2部「私たちは何を学びつつあるのか(現在)」、第3部「私たちはどこへ行くのか(未来)」からなる。 僕の住む町には駅前に古いせんべい屋があるのですが、お店のおばあちゃんに聞くと、この町で70年、それ以前に別の場所にあった時代も入れると100年以上続いているのだそうです。

【寿命と闘え。】「LIFESPAN(ライフスパン) 老いなき世界」を分かりやすく要約してみた。[前編]

なき 世界 老い なき 世界 老い

そうして遺伝子のスイッチがおかしくなっていき、老化するというわけです。 地球科学を専門とする評者は、野口晴哉(1911〜1976)の身体論を導入して「身体論的地球科学」を進めているが、著者のアプローチも自然科学としての医学に身体論を埋め込んで「老いなき世界」を実現しようとする。

3
だから、そういったスローダウンできる働き方はすばらしいと思うのですが、同時にそれは、誰にでもできる生き方ではないとも感じてしまいます。 5〜8キロ)走るだけでも(毎日15分足らずのランニングで達成できる距離)、心臓発作で命を落とすリスクが45%減り、全死因死亡率が30%下がることが示されている。

科学的根拠が示す「老いなき世界」のリアル度

なき 世界 老い なき 世界 老い

『ライフスパン』は刺激的で面白かったのと同時に、著者であるデビッド・A・シンクレアさんの論調からは、高齢になっても仕事を変えて、イノベーティブでクリエーティブであり続けなければならないという、若干のプレッシャーも感じてしまいます。

今回の老化と関係があるのは『 エピゲノム』です。

【1分要約・レビュー】『LIFESPAN~老いなき世界』(老化原因・老化対策)|プリン|note

なき 世界 老い なき 世界 老い

エピゲノムが劣化していくと生まれ変わる細胞の品質も下がっていき、組織や臓器は、だんだんとうまく機能しなくなっていきます。 将来、誰もがチップなどでバイオセンサーの医療情報を持つようになった場合、その重要な個人情報データはどんな組織が安全に管理するのかという問題についても語られています。 こういう身近な具体例が語られていると、さらにリアルさを感じます。

TORは、利用可能なアミノ酸量を感知して、 どのくらいのタンパク質を合成するのか、決めている遺伝子群です。 毎年のように山火事や干ばつが起きて、もう住めなくなると言われている地域も世界にはあります。

「伊能忠敬の働き方」が主流になる老いなき世界 「必要とされる仕事」が激変する世界の生き方

なき 世界 老い なき 世界 老い

人生120年時代は楽しみか? 佐々木康裕 以下、佐々木 :『ライフスパン』を読んで、人生観が変わるほどの刺激を受けました。 人類は何十万年もかけて身につけてきた能力を、過度の投薬や栄養剤の摂取によって鈍らせてはならないのだ。

9
主な活動については、www. 昼食を抜く理由は評者と同じだった。

書評『LIFESPAN(ライフスパン) 老いなき世界』~人生120年時代の生き方:日経ビジネス電子版

なき 世界 老い なき 世界 老い

いつまでも若く健康で生きられれば、年齢という壁は消えてなくなる。 なぜなら、これは1つの革命(レボリューション)の幕開けであるだけでなく、新たな進化(エボリューション)の始まりでもあるのだから。

グッときた部分の読書メモと感想をまとめました。

「老化」は治療できるただの病気と判明。「ライフスパン 老いなき世界」【読書メモと感想】

なき 世界 老い なき 世界 老い

若返り薬で視神経も再生可能。

11
これは一見すると、まったくおかしな考え方に思えるかもしれない。 理論的な洞察と関連する実際の業務を結びつけるようなアイデアやコンセプトは限定的である。