カラン ドゥーラ。 【注目この新馬】カランドゥーラ

アフリカ第2の滝・カランドゥーラの滝と大自然の絶景・ペドラスネグラス☆未知なるアフリカの国アンゴラ周遊

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

アフリカをいろいろ旅した人でも、この国にはまだ行っていない方が多いはず。 まだ未勝利の身でありながらコスモス賞(2歳OP)に登録してきたというのも、大きな上積みが見込めると思っての事だろう。 デビュー戦でルメール騎手が『まだ太い』と言ったのも、1週前倒しで出走したことが影響したと思われます」(競馬記者) そんなカランドゥーラだが、仕切り直しとなる今回の出走に向けては「モーリス産駒で気が良いし、余裕を持ったローテで」と藤沢和雄調教師がコメントしているように、前向きな気性からも間隔が開いた事は問題なさそう。

1
ハプニングをものともしない走りを見せる可能性は十分あるだろう。 今後デビューを控えるモーリス産駒の指針となるような走りを見せてもらいたいですね」(競馬記者) 元々、カランドゥーラは今週デビューの予定はなかった。

【東京新馬戦】モーリス産駒初Vへ!カランドゥーラ万全 古馬を相手に力強く併入― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

ラストグルーヴはこれまでキングカメハメハを父に持つ産駒を3頭送り出し、そのいずれも勝ち上がりを決めている。

6
だが、重賞勝利には届いていなかったこともあり、父馬をモーリスに替え、さらなる高みを目指すことを決断したようだ。 10頭がデビューしたものの、【0. バスコ・ダ・ガマをはじめ、英雄たちの銅像が建ち、戦車や大砲、ヘリの残骸なども展示されています。

JRA藤沢和雄厩舎の超良血馬「異例」の未勝利OP挑戦!? ディープインパクト×エアグルーヴを母に持つ良血馬に「上積み必至」の厩舎事情?

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

つまり、出走した新馬戦すべてで勝利を収めた事となる。 だが、同厩のアークライトが回避を発表したため、急遽出番が回ってきた。 「動きは良かったね。

街中にはとってもおしゃれなレストランも立ち並び、この国の発展ぶりがわかります。

JRA「単勝1.1倍」敗戦にC.ルメールも大ショック!? 超良血カランドゥーラの連敗に見えた「賞金王」モーリスの弱点とは

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

身のこなしがいいしフットワークも大きいので東京は合うと思う」と藤沢和師。 特に今週デビューするカランドゥーラは、走りの柔軟性に富んでいるともいわれています。 物価は高めですが、パイオニア精神をキーワードに一度訪れてほしい国なのです。

母ラストグルーヴは、1997年の年度代表馬エアグルーヴにディープインパクトが配合された超良血馬だ。

アフリカ第2の滝・カランドゥーラの滝と大自然の絶景・ペドラスネグラス☆未知なるアフリカの国アンゴラ周遊

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

そんな中、今週15日(土)の札幌10R コスモス賞(2歳OP)に「未勝利馬」でありながら、モーリス産駒である カランドゥーラ(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が出走を予定している。 注目は、日曜東京5R(芝1600メートル)に出走する血統馬カランドゥーラ。

9
既に18日に東京競馬場へ移動。 期待が高かった分、結果が出ずに訝しげな視線を送られているモーリス産駒。

【注目この新馬】カランドゥーラ

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

「カランドゥーラの新馬戦は当初、1週後の6月27日の芝1800mを予定していたんですよね。 兄姉2頭も同師が管理。

3着以下は5馬身以上、突き放しているんですけどね……」(競馬記者) レース後、モリノカンナチャンの鞍上・横山和生騎手が「脚をためるイメージで乗りました」と語った通り、今回は勝ち馬の末脚に屈した形となったカランドゥーラ。

カランドゥーラの血統表

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

5代血統表 2011 鹿毛 [][] Roberto系 2004 栗毛 [][] 1995 栗毛 [][] 1979 鹿毛 1989 1993 鹿毛 [][] 1986 青鹿毛 1983 鹿毛 2001 鹿毛 [][] 1991 鹿毛 [][] 1981 鹿毛 1977 黒鹿毛 1986 黒鹿毛 [][] 1976 青鹿毛 1981 鹿毛 2010 鹿毛 [][] FNo. 主戦のルメール騎手も「能力は間違いなくある」と評価しており、来年のクラシックを意識させられる逸材。 だが、まだ新馬戦はスタートしたばかり。 ランフォザローゼス(青葉賞2着)、レッドルレーヴ(フラワーC2着)の兄姉も管理する藤沢和調教師は「素軽くていい動きをする。

3
スクランブル出走となるが、鞍上にはC. そのモチーフにキリンやライオン、イボイノシシなどの野生動物が描かれているのもアンゴラらしいところ。 29日、札幌競馬場で行われた1R・2歳未勝利戦は、2番人気のモリノカンナチャンが優勝。

【注目この新馬】カランドゥーラ

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

「勝ったモリノカンナチャンも、このコースで連続2着と決してチャンスがない馬ではなかったんですが、正直カランドゥーラが負けることは想像していませんでした。 6月21日の出走を予定していた同厩舎のアークライトが目標変更した事によって、1週前倒しで出走した経緯があります。

17
現地でスクーリングを行い準備万端だ。

【注目この新馬】カランドゥーラ

ドゥーラ カラン ドゥーラ カラン

今週もモーリス産駒の勢いが止まりそうにない。

馬名 競馬場別戦績 中山 京都 中京 東京 小倉 阪神 福島 新潟 札幌 函館 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 1 2 3 外 連率 アドマイヤハレー 1 0 0 0 100. 早くから大きな注目を集めたものの、ブエナビスタとの間に誕生した「12冠」ベビー・ブエナベントゥーラが、圧倒的に支持された新馬戦で2着に終わるなど、未だ勝ち上がりは0。 これから続々とモーリス産駒がデビューするに連れて、本当の傾向も見え、向いている条件なども判明してくると思います。