抜本 意味。 「抜本的」の意味とは?「抜本的」と「根本的」の違い・対義語・英語【使い方や例文】

「根本的」と「抜本的」

意味 抜本 意味 抜本

それは「根本的」です。

5
それが叶うことが幸せだと思っている。 また、「変革」と「改革」は、 今の状態を否定した上で変更を加えます。

「是正」と「訂正」の違い!読み方、意味、使い方と例文、類語、英語を紹介

意味 抜本 意味 抜本

「訂正」は誤りを直すという意味だけで使われるのに対して、「添削」は誤りがなくても、文を良くするという意味もあります。 「根本」の類語には、「基礎」「基本」「大本」があります。

官吏の登用試験である科挙は、 儒学思想の理解を問うものであった。 なので、 改めるという時にだけ使うことができます。

変革と改革の違いとは?改善・革命の意味も解説

意味 抜本 意味 抜本

抜本的に変えるといったとき、せいぜい 「やり方の変更」にばかり意識が集中してしまう人がいる。

6
「訂正」は明らかに間違いであり、正しく直すことが必要、という意味に対して、 「修正」は決して間違いがあるとは限らず、より良くするために手を加えることが必要、という意味になります。 抜本的な改革をしないと、 この会社はだめになる。

変革と改革の違いとは?改善・革命の意味も解説

意味 抜本 意味 抜本

シミュレーション風に書いてみたがこれは私の一顧問先の事例であり実例である。 また、「 源」は水源のことを表しています。 (引用元: ) とあります。

20
ということでした。 「根本的」「抜本的」「本質的」の意味と違いとは 「根本的」という言葉は、仕事や日常生活でもたびたび耳にするものでしょう。

陽明学 抜本塞源論とは(ばっぽんそくげんろん)ーわかりやすく解説

意味 抜本 意味 抜本

その会社は不祥事で失った信用を取り戻すため、 抜本塞源の改革を行った。

17
今後の急速な人口減少等に伴うサービス需要の減少や施設の老朽化に伴う更新需要の増大など、公営企業を取り巻く経営環境が厳しさを増す中にあって、各公営企業が将来にわたってこうした役割を果たしていくためには、経営戦略の策定や抜本的な改革等の取組を通じ、経営基盤の強化と財政マネジメントの向上を図るとともに、公営企業会計の適用拡大や経営比較分析表の活用による「見える化」を推進することが求められる• 訂正させていただきます」などと送り正しい情報を一緒に送ることもあります。 基本的な意味は「是正」と同じですが、「改善」は「さらに良くしよう」といった前向きなイメージで使うことが多いです。

陽明学 抜本塞源論とは(ばっぽんそくげんろん)ーわかりやすく解説

意味 抜本 意味 抜本

ちなみに、「本 もと を抜き源を塞 ふさ ぐ」と表記されることもあります。 その会社は、組織 改革によって見事v字回復を遂げた。

15
私たちは、こうした道家の体験から、あえて事業再生ではなく抜本再生を目指すようにしたのです。