革新 的 環境 イノベーション 戦略。 革新的技術で「ビヨンド・ゼロ」実現へ 動き出す新戦略

「ビヨンド・ゼロ」実現に向けた革新的環境イノベーション戦略の要諦と課題

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

開催概要 日 時 2020年12月9日(水) 13:00~17:25(受付開始12:30) 会 場 およびWeb配信 主 催 公益財団法人 地球環境産業技術研究機構 後 援 経済産業省(予定)、公益社団法人 日本化学会(予定)、公益社団法人 化学工学会(予定)、公益社団法人 日本農芸化学会(予定)、 一般社団法人 エネルギー・資源学会(予定)、一般社団法人 日本エネルギー学会(予定) 参加費 無料 申込締切 2020年11月16日(月) プログラム クリックすると講演要旨、講演資料(発表スライド)をご覧いただけます。 新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、会場(イイノホール)での対面開催とWeb配信をあわせたハイブリッド方式にて開催いたします。

同会議を司令塔とし、以下で説明する「ゼロエミッション国際共同研究センター」の設置を始め、各施策への助言、最新の知見を踏まえた戦略のアップデート等について、検討を進めます。 現状の技術の延長と比較して、世界全体のGHG削減コストが最小となるよう、費用対効果の大きな革新技術から順次導入されると仮定しています。

第1部 第3章 第3節 革新的環境イノベーション戦略の策定・実行 │ 令和元年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2020) HTML版 │ 資源エネルギー庁

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

根底にあるのは、世界のカーボンニュートラルはもとより、さらには過去に排出された大気中のCO2削減も目指す「ビヨンド・ゼロ(ゼロを超えて)」と称する日本独自のコンセプト。

予算上、税制上の具体的支援を早急に検討する。

第1部 第3章 第3節 革新的環境イノベーション戦略の策定・実行 │ 令和元年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2020) HTML版 │ 資源エネルギー庁

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

第1回 平成27年12月15日)エネルギー・環境イノベーション戦略策定ワーキンググループの設置について• 策定の経緯 地球温暖化対策推進本部(平成27年11月26日)及びCOP21(同年11月30日)において、安倍総理が、今春までに「エネルギー・環境イノベーション戦略」を取りまとめる旨を表明した。 2020年温暖化対策に関する国際枠組み「パリ協定」の本格的運用が開始されました。

10
脱炭素実現を目指す革新的環境イノベーション戦略の概要と課題を解説する。

グリーン成長へ向けた技術開発、国家プロジェクトで推進 成長戦略実行計画

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

CO2排出をゼロ以下へ。 日本政府は地球温暖化問題をイノベーションによって解決するとして、「革新的環境イノベーション戦略」を策定した。

11
(イノベーション推進室)• 開催日時 2021年01月19日(火)09:30~11:30 主催 株 JPI(日本計画研究所) 問い合わせ Tel:03-5857-4811 E-mail:info rdsc. 「技術はほぼ確立されている」。 成長戦略会議で発言する菅首相(出所:首相官邸) 政府の成長戦略会議は12月1日、実行計画をとりまとめ公表した。

「ビヨンド・ゼロ」実現に向けた革新的環境イノベーション戦略の要諦と課題

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

開催状況 第1回 平成30年 7月27日 第2回 平成30年 9月28日 第3回 平成30年12月14日 第4回 平成31年 3月29日 第5回 令和 元年 6月11日 第6回 令和 2年 1月21日 第7回 令和 2年 6月26日 設置根拠 (統合イノベーション戦略推進会議)• METIジャーナル10月号では、技術開発の最前線やイノベーションに挑む人々の姿を通じ、環境と成長の好循環を実現する未来社会について考える。 事業の内容 事業目的 ・ 概要 地球規模の課題である気候変動問題を解決するためには、 クリーンエネルギー技術の開発と実用化に向けた抜本的なコストダウンが必要です。

12
この具体的な実施のあり方に日本の温暖化対策の成否が懸かっていると言えよう。 菅首相は、「今後、各省庁一体となって、この実行計画で提示された項目をできることから実行していく」と表明した。

【研究ノート】上げ潮シナリオー「革新的環境イノベーション戦略」実施のあり方

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

センター長には、2019年ノーベル化学賞を受賞された吉野 彰博士(旭化成(株)名誉フェロー)が就任しました。 なお新型コロナウイルス感染症対策のため会場の定員数が少なくなっており、会場での聴講希望でお申込みいただいた方全員のお席を確保できない可能性がございます。 事業イメージ 産業分野等における革新的環境イノベーションの創出に向けた技術開発 産業分野等におけるゼロエミッションを達成するためのキーテクノロジーである 「カーボンリサイクル」、「バイオ」、「水素」について、 技術シーズをスケールアップさせるための研究開発・パイロット実証等を支援します。

19
しかしながら、革新的環境イノベーション戦略では、国内外の関係者が革新環境技術の確立に向けて力を結集して取り組むためのイメージの共有を優先し、正確性に限界があるとしても、各国政府や国際機関が公表している戦略や見通し、国際約束を参考に、一定の前提の下で「GHG削減量」のイメージを示しています。

革新的技術で「ビヨンド・ゼロ」実現へ 動き出す新戦略

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

本シンポジウムでは、国際的な温暖化対策の情勢を踏まえながら、全グループ・センターの最新の研究成果をご報告いたします。

3
むしろ、あえて高いハードルを設定することで、これまで培ってきた技術優位性をさらなるイノベーションにつなげたいという野心的な姿勢を象徴する。 当機構は設立以来、このような抜本的なCO 2削減を実現するための革新的エネルギー・環境技術の研究開発を推進するとともに、地球温暖化対策シナリオを作成して政策提言につなげてまいりました。

革新的技術で「ビヨンド・ゼロ」実現へ 動き出す新戦略

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

jp 開催場所 講師 グリーンイノベーション戦略推進会議 座長 公益財団法人地球環境産業技術研究機構 RITE 副理事長・研究所長 山地 憲治 氏 【学歴】 1972年 4月 東京大学 工学部 原子力工学科卒業 1977年 3月 東京大学 大学院 工学系研究科 博士課程修了、工学博士 【職歴】 1977年 4月 財 電力中央研究所に入所 経済研究所技術経済研究部 1987年 7月 財 電力中央研究所 経済研究所 経済部エネルギー研究室長 1993年 6月 財 電力中央研究所 経済社会研究所・研究主幹 1994年 8月 東京大学教授 大学院工学系研究科電気工学専攻 2010年4月~2019年6月 財 地球環境産業技術研究機構(RITE)理事・研究所長 2019年6月~ 公財 地球環境産業技術研究機構(RITE)副理事長・研究所長(現在に至る) この間: 1981年7月~1982年12月 米国電力研究所 EPRI 客員研究員 1991年4月~1993年 3月 東京大学工学部地球環境工学講座 寄付講座 客員助教授 1999年6月~2011年2月 国際応用システム分析研究所 IIASA 日本代表理事 現在はHonorary Scholar 2001年9月~2008年5月 グリーン電力認証機構委員長 2005年10月~2014年9月 日本学術会議会員;2014年10月から連携会員 2008年5月~2010年7月 グリーンエネルギー認証センター・運営委員会委員長 2009年10月~2017年3月 (独)科学技術振興機構・研究主幹 2010年6月~ 東京大学名誉教授 2011年6月~2013年6月 (一社)エネルギー・資源学会会長 現在は名誉会員 2012年3月~ 調達価格等算定委員会委員 2013年4月~2015年3月 立命館大学客員教授 2015年2月~2017年2月 一社 日本エネルギー学会会長 2018年8月~ J-クレジット制度運営委員会委員長 主な審議会委員:総合資源エネルギー調査会、産業構造審議会、科学技術・学術審議会、中央環境審議会、原子力委員会等の部会などの委員を歴任。

14
地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」が目指す温室効果ガス削減目標の達成には、これまでの取り組みの域を超えた革新的な技術開発と、これを後押しする政策が不可欠だ。

「ビヨンド・ゼロ」実現に向けた革新的環境イノベーション戦略の要諦と課題

的 戦略 イノベーション 革新 環境 的 戦略 イノベーション 革新 環境

さらに、TCFD提言に基づく企業の情報開示を通じて、産業界と金融界の対話を促進し、金融機関等による適切な評価を進めることで、民間資金の供給も推進します。 さらに、東京湾岸のイノベーションエリアや地域循環共生圏の取組などにより、地域の特色を活かした研究、実証、社会実装を進めます。 世界のGHG排出削減には、出来るだけ早期に大規模普及が可能な水準までコストを下げることが決定的に重要です。

20
日本はこれまで、サンシャイン計画等により30年以上かけて太陽電池のイノベーションに取り組み、当初の250分の1に価格を下げました。