ブレイザー ズ 対 ペリカンズ。 デイミアン・リラード

デイミアン・リラード

対 ペリカンズ ズ ブレイザー 対 ペリカンズ ズ ブレイザー

: 2012-• この試合も終始リードされていたが、ジョン・サーモンズの最後の数分の活躍により貴重な勝ち星を上げることに成功した。 ザイオンの怪物伝説 高校時代の対峙相手に米同情「絶対にぞっとする経験に違いない」 THE ANSWER• :1976-1980 C• ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョン所属。

マリナ・フレーザー ナーフディス マーク4のトップネス。 ペリカンズを率いるアルビン・ジェントリーがザイオン・ウィリアムソンのプレーと人間性を絶賛 バスケットカウント• 大事な終盤を託すには、レナードはまだ若くて頼りないし、ちょっと攻め手に欠ける印象です。

サンアントニオスパーズ V/S ニューオーリンズペリカンズ

対 ペリカンズ ズ ブレイザー 対 ペリカンズ ズ ブレイザー

トルコ出身。 2014-15シーズン [ ] 同じ地区のライバルが、とを開幕後から怪我で欠いたこともあり、ノースウェストディビィジョン首位を快走。 「ステフはどんな試合であろうと、勝利するチャンスを与えてくれる。

2
こうなると、いかにレギュラー陣が奮起しても、リズムを取り返すのは容易なことではなく結局1点差で負けてしまった。

ポートランド・トレイルブレイザーズ

対 ペリカンズ ズ ブレイザー 対 ペリカンズ ズ ブレイザー

ブレイザーズ. 9秒で98-96の2点リードを許す絶体絶命の展開となった。 Subscribe Subscribed Unsubscribe 6. ドラフト1位のザイオン・ウィリアムソンが右膝負傷、NBA公式戦デビューはお預け バスケットカウント• 5月20日(日本時間21日)にモーダ・センターで行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズの. 2012-13シーズン [ ] 2012年10月31日、NBAデビュー戦でに対し23得点11アシストを記録した。

8
: 2017- コーチ、その他 [ ] 歴代ヘッドコーチ [ ]• ものすごく真剣に練習するんだ」。

ウォリアーズ 対 ブレイザー ズ

対 ペリカンズ ズ ブレイザー 対 ペリカンズ ズ ブレイザー

1stラウンドでは、上位シードのを第6戦のホームコートで、リラードの劇的な逆転で下してアップセットし、時代の2000年以来のカンファレンスセミファイナルへの進出を果たした。 今シーズン限りの特例で行われたとのプレーイン・トーナメントに勝利しなんとかカンファレンス8位でプレーオフ進出を果たしたが、同1位のに1勝4敗であえなく敗れた。

17
:1989-1997• Golden Stateとはカリフォルニア州. カリーが来季、覇権争いへと舞い戻り、自身4度目のチャンピオンシップを獲得することにフォーカスしていることは間違いない。 3月1日に行われた戦で35得点を記録、試合はブレイザーズが108-99で勝利した。

シャックとピッペンがインスタグラムでガチバトル、歴代最強レイカーズ対歴代最強ブルズ論争

対 ペリカンズ ズ ブレイザー 対 ペリカンズ ズ ブレイザー

ペリカンズのNBAシーズン再開に黄信号、ザイオン・ウイリアムソンが家族の事情で『バブル』を離れる バスケットカウント• 2リバウンドと非常に大きな活躍を見せていました。 7アシストを記録していました。 しかしダミアン・リラードもウォリアーズ相手に44得点を記録し、結果的に123対117でブレイザーズが勝利した。

3
それこそマイケルがやっていたことであり、ステフもそう。

ワシントンウイザーズ観戦ツアー

対 ペリカンズ ズ ブレイザー 対 ペリカンズ ズ ブレイザー

: 2009-2011• : 2009-2011 2010年代 プレイオフ進出:4回• 561 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 ブレイザーズ 2, 0 4, ブレイザーズ 1 1983-84 48 38. 赤色のところが少し少なかったのがわかりますね… 古巣復帰となったでの勝利に結びつく活躍を期待しましょう。 これでリラードが50得点以上を記録した試合は通算4回となった。 ウォリアーズはシリーズ3連勝を飾り、5年連続のNBAファイナル進出に王手 をかけて. 当然、厳しくなるだろう」という言葉は、ウォリアーズの選手やコーチ、スタッフに加え、フロントの思いも代弁していたと言っていいだろう。

15
メンバー変更有【ベルギー移籍決定の斉藤光毅選手や西川潤選手ら25名選出】U-19日本代表候補 トレーニングキャンプ メンバー・スケジュール発表! ラムジーは80年代半ばまでチームの指揮を執ったがチーム勝率は5割前後、プレイオフでは1回戦で敗れるシーズンが多かった。

ワシントンウイザーズ観戦ツアー

対 ペリカンズ ズ ブレイザー 対 ペリカンズ ズ ブレイザー

期待外れに終わったザイオン・ウイリアムソン、太りすぎの指摘に「必要だと話し合った結果だ」と反論 バスケットカウント• オールスター16回出場のスーパースターは自身が怪我で出場できないながらも多くの得票を集めたため、メディアを通じてリラードを推薦した。

10
2勝3敗と先に王手をかけられるが、そこから2連勝し逆転でカンファレンスファイナルに進出。 リラードは最終第4クォーターだけで39得点の内19得点を記録する活躍を見せ試合はブレイザーズが108-103で勝利した。