セレナ e power グレード。 日産新型セレナe

日産新型セレナe

グレード セレナ e power グレード セレナ e power

キタキツネは、専用グリルガードの有無を選択可能。 カブロン地の専用シート地や防水ラゲッジマット、100Vインバーターなどアウトドアレジャーや日常でも便利な装備が充実している。

1
アウトサイドドアハンドル(メッキ)• またシフトノブやシートは本革や合成皮革となっていて、室内の上品さがUPしています。 RCTA(後退時車両検知警報• この辺りはノーマルの良し悪しをもっともよく知り、最小限の変更で最大限の効果を生むオーテックの「匠の技」が光っているといえます。

新型セレナの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?

グレード セレナ e power グレード セレナ e power

そのほかオーテックジャパンより、「20X S-ハイブリッド」(2WD)、「20X」(4WD)をベースに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカー「ライダー」、ライダーをベースにバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー パフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」を用意。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。

18
だってカーテンエアバックやふらつき警報機能など、安全装備が標準装備されていないどころか装備することもできないんです。

日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e

グレード セレナ e power グレード セレナ e power

なお、アラウンドビューモニターはメーカーオプションでの設定です。 2L 直列4気筒直噴「MR20DD」エンジンを搭載し、エクストロニックCVT(無段変速機)を組み合わせる。

13
なぜなら筆者はそれほどエコランが上手くはないからです。 オーテックが「ファクトリーカスタム」と呼ばれる理由はここにあるのです。

セレナ グレード比較。違い、特徴、おすすめのグレード解説

グレード セレナ e power グレード セレナ e power

e-power Highway Star G:¥3,725,700-(2WD・7人乗り) オデッセイハイブリッドとセレナe-powerには、2WDの設定しかありません。 購入後にe-POWERハイウェイスターVとすれ違うときっと 「あっちにしておけばよかった・・・」 と思いそうだったので。 2位 e-POWER XV (3,226,300円) e-POWER XVはXの特別仕様車に相当します。

12
プロパイロット付きの セーフティパックBは約22万円もかかります。 『ハイウェイスター』は『セレナ e-POWER ハイウェイスター』『セレナ e-POWER ハイウェイスター V』『セレナ e-POWER ハイウェイスター G』の3グレードとなる。

新型セレナの価格・装備を総チェック。おすすめの人気グレードはこれ!

グレード セレナ e power グレード セレナ e power

レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。

13
ミッションはコラムシフトATのみ。

【購入ガイド】新型セレナe

グレード セレナ e power グレード セレナ e power

ダーククロムのフロントグリルなどを採用したほか、人気の高い装備を標準設定。 シートの素材を本革に変更し、「ストーンホワイト」、「タン」、「ブラック」の3色から選択することが可能。 エクステリアは、特徴的な「ダブルVモーショングリル」を筆頭に、クロームを贅沢にちりばめた宝石のようなグリルパターンなどのリッチで押し出しの強いフロントマスクや、縦長のリアコンビランプをハイウェイスター専用パーツとしてデザインし、セレナが持つ品格のある佇まいはそのままに、より力強くスポーティに進化。

13
さらにセレナは通常グレードよりハイウェイスター系のほうが人気が高いです。

新型セレナのおすすめグレードはe

グレード セレナ e power グレード セレナ e power

レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズとなる。 XVとハイウェイスターの価格差で見た快適性能の違い 「Xは安全装備が使いないからダメ。

また上級グレードでのAT車にはアクティブダンパーサスもオプション設定にて装着可能。