山川 草木 と は。 「山川草木悉皆成仏」という思想(1)

「山川草木悉皆成仏」の由来(1)

草木 は 山川 と 草木 は 山川 と

その思考実験の結果、本地垂迹である西行の一句が出来上がったのでしょう。 これが草木成仏思想の背景です。

文学からでも言語からでも考察できる問いですが、短歌を好例とする日本人の「かたじけない」という思想に特に興味があるので、哲学カテとしました。

山川草木悉皆成仏の原典は

草木 は 山川 と 草木 は 山川 と

日本では古来森林は生活の場である「里」と対比させる意味で「山」と呼ばれた。

例えば植物と蜜蜂の関係はだれもが知っている共生です。

23.「山川草木悉皆成仏」と梅原猛

草木 は 山川 と 草木 は 山川 と

なお、下のことについても、私は否定的です。

13
この仏とは仏性である。 修行僧は、はっと気づくところあって、「恐れ入りました。

山川草木

草木 は 山川 と 草木 は 山川 と

こんにちは。 これはたぶん当時北半球が氷河期に当たっていたことが原因と思われます。

6
ドメスティックなばかりが尊いや優れているとの根拠にはなりもしません。

「山川草木悉皆成仏」という思想(1)

草木 は 山川 と 草木 は 山川 と

しかし、そういう人を横目で見ていると、酒を飲み、恋愛をし、ギャンブルで小銭を失い、自堕落な生活を少々しても、歯止めがかかっていて、ああ、これが煩悩というものか……で片が付きます。 20世紀、 人間はいつも、何ごとにつけても、「世の中は大きな変化をきたしている、この時代の流れに合わせて変革していかねばならない」と、経済合理 を優先させてきました。

18
アフリカに残ったものは強い紫外線を避けるために皮膚にメラニン色素を 多く持つようになり黒人になり、ヨーロッパ方面に行ったものは 非常に寒く暗い場所でかなり長く暮らしたことにより眼が光に弱く、呼吸器 に冷気をなるべくさらさないように高い鼻を持つ白人になった。 この語は現代では使われなくなりつつありますが、この語の持つ思想を理解すれば、西行の態度をもう少しはっきりと推測することができないでしょうか。

23.「山川草木悉皆成仏」と梅原猛

草木 は 山川 と 草木 は 山川 と

この如来微塵世界にみちみちてまします。 少し説明します。

19
ところでよく考えれば、人間は人間だけにひどいことをして怨みをいだかれているのではなく、動物や植物や大地に対しても、大虐殺、大伐採、砂漠化、コンクリート化とかまあえげつない破壊を文明の進歩の名の下に当然のごとくやってきました。