石上 純也 建築 設計 事務 所。 空間談義 52 神奈川工科大学KAIT工房の抽象性と30代建築家の感性

日本の有名建築家14人とその代表作を徹底解説

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

プロジェクトによって設計手法はその都度違いますか? 石上 プロジェクトごとに試行錯誤しながら、毎回、新たなつくり方を考えていきます。

3
2010年には、イタリアヴェネツィア・ビエンナーレ第12回国際建築展 金獅子賞を受賞。 ところ狭しとモノが溢れる建築事務所然とした1階の情報量からスパッと切り離されたような2階が対照的である。

studio velocity|愛知県岡崎市|人と人が関係性をつくる余白(1/2)

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修士課程修了後、妹島和世建築設計事務所を経て2004年に石上純也建築設計事務所を設立。 そしてその結果どちらとも言えるようなものをつくりたいと考えたわけです。 」と栗原さんがいうように、「山王のオフィス」は単に設計作業のスペースというよりも人々があつまるサロンのようなイメージが近いかもしれない。

このご時世、「労働」に関する世間の目は厳しいです。

空間談義 52 神奈川工科大学KAIT工房の抽象性と30代建築家の感性

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

1935年 個人事務所開設。 石上氏は、こんな感じの方なのですね。 その際の新しい建物がSANAAとゲンスラーの設計によるものです。

15
受賞者の氏名、所属、応募作品を雑誌等に掲載する可能性があります。

オープンデスク問題と石上純也氏の炎上について

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

だとすれば、今この時代につくられたピカピカの高層ビルには、新鮮さは感じられないのではないでしょうか。 大屋根をジャッキによる先駆的なリフトアップ工法で持ち上げ、それを太陽の塔が突き破ってそそり立つという斬新な意匠は人々を驚かせ、今も長く語り草となっています。

配管がむき出しになった天井やでこぼこしたコンクリートの柱、巨大な雲の壁で構成された秘密基地のような空間が広がり、みんながワクワクできる不思議な場所となっています。

佐藤淳氏の前例なき構造

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

柱の断面のプロポーションは、ほとんど全て異なっていて、すごく薄い柱もあれば、すごく細い柱もあります。 卒業後はニート同然の状況下で、孤独に設計活動に勤しむ。 社会に揉まれるために大手設計事務所の日本設計に就職。

9
就職してから「こんなハズじゃなかった」と思っても遅いです。

日本の有名建築家14人とその代表作を徹底解説

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

Open houseは3日間開きましたが、東京や沖縄から建築を学ぶ学生さんが来てくれたり、大学の先生や久しぶりに会う友人と話ができたり、近所の方も通りがかりに模型を見てくれたり、同年代の建築仲間と夜まで語り合ったりしました。

13
だからすごく繊細なことなのだけれど、何かそこから変えられる全体があるのではないかという思いを持っています。 炎上の発端は、この話題でした。

尾道市と石上純也氏が対立、設計契約解除の真相

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

それと作業机など古いモノがたくさん置かれているのが意外でした。

那須に誕生した「アートビオトープ『水庭』」も、そのひとつ。 「思ったのと違う」• 2008年 「情緒障害児短期治療施設」で第1回日本建築大賞を受賞。

Bath Views|企画=TOTO株式会社 編集=Bath Views Project 協力=藤森照信、乾久美子、藤本壮介、石上純也、トラフ、永山祐子|TOTO出版

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

「テーマ:これからの職住一体集合住宅を考える」 多様化する価値観や変化する社会状況の中で、働く場所の選択ができる現代の都市の住まいとはどのようなものでしょうか。

11
約2,000平米あるガラス張りのワンルームを、305本の細く白い支柱のみで支え、森のような空間をつくり出した神奈川工科大学の「」。 そういう意味で、僕は厚みがない世界だけを目指しているのではありません。

石上純也さんの建築について

事務 所 石上 純也 設計 建築 事務 所 石上 純也 設計 建築

代表作 梼原 木橋ミュージアム 2010年に建てられた「梼原 木橋ミュージアム」。

13
この制度は、 アルバイトの紹介もしくは就職活動を目的としたものではありません。