内閣 府 地方 創 生。 会議・資料

まち・ひと・しごと創生

創 地方 生 府 内閣 創 地方 生 府 内閣

地方大学の振興• また、国家戦略特区の制度を利用した特区の中で、地方創生を目的とした「 地方創生特区」があり、更にその一つの形として 、、、、などの新技術を実証する領域を確保し、新たな商品・に関するの喚起をコンセプトにした、「 近未来技術実証特区」がある。 公共交通の利便性の高いエリアに居住している人口割合:90. 『日本経済新聞』2015年9月9日• 33頁をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部>関係法令・閣議決定等』2015年12月26日閲覧• 国の総合戦略の具体的な目標や展望については以下のとおり。

3
セカンドサイトは、アナリティクスとテクノロジーを活用したサービスを提供する専門企業として、国内を中心とした企業のビジネス課題解決に向けて、人工知能(Artificial Intelligence、以下「AI」)の核となる機械学習やディープラーニングなど新技術の研究開発を行い、様々な業種・分野に対するアナリティクス・コンサルティングサービスと、それを動かすIT基盤やAIプロダクトを提供し、社会に貢献してまいりました。

幹部名簿 : 組織・業務の概要

創 地方 生 府 内閣 創 地方 生 府 内閣

左から地方創生担当大臣(当時)、内閣総理大臣、内閣官房長官。 『大阪府』2016年6月10日閲覧• をもとに編集 『地方創生推進事務局>地方創生カレッジ事業』2016年12月25日閲覧• 地域限定の導入 (児童福祉法等の特例 )• 第十四条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• をもとに編集『内閣府地方創生推進室>地方創生コンシェルジュ』2015年12月26日閲覧• 特区 [ ] 地域の活性化のために、国による規制を緩和するなどの特例を、特定の地域に適用する制度。 をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部>施策等>小さな拠点の形成』2016年12月26日閲覧• 2016年度の新型交付金の要求額が1000億円規模と、2014年度補正予算で先行計上した1700億円を下回っており、2014年度補正を大幅に上回る規模を要請していた全国知事会から不満の声があがっていた。

14
内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画しました• をもとに編集 『内閣府地方創生推進室』2015年12月26日閲覧• では、地域限定試験の実施や、内でもが設置できる特例を利用して、待機児童ゼロを目指している。

まち・ひと・しごと創生

創 地方 生 府 内閣 創 地方 生 府 内閣

血液が原料の試験用細胞などの製造・販売の規制を緩和 (の特例 )• 第二十一条、第二十二条、第四十四条、第四十五条『e-Gov法令検索 2015年12月26日閲覧• をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部』2016年5月2日閲覧• をもとに編集『内閣府地方創生推進室>施策>地域活性化伝道師 2015年12月26日閲覧• データ分析・総合戦略の検討、事業化・事業推進、官民の連携などを学ぶ基盤編と、総合戦略の事業化、資金調達の各種手法、地域産業の振興などを学ぶ総合プロデューサー、観光・、地域商社、などについて学ぶ分野別プロデューサー、住民自治や交流について学ぶ地域コミュニティーリーダーの3種類の専門編がある。 に行われたで、石破が地方創生担当のに就任、平と小泉が退任し、新たに副大臣に、政務官にが就任。 地方の自立性や官民連動を要件とした先駆性のある事業に用いられる。

14
の貸付・使用の対象者や面積の規制を緩和 (国有林野の管理経営に関する法律の特例 )• 『日本経済新聞』2015年5月6日• 地方創生コンシェルジュ [ ] 地方自治体の地方創生の取り組みの相談を、一括して引き受ける国の相談窓口。

まち・ひと・しごと創生

創 地方 生 府 内閣 創 地方 生 府 内閣

では、公設民営学校の設置や企業の農業への参入の特例活用を検討。 路上イベントなどの、の規制の緩和 (の特例 )• 『産経ニュース』2015年10月16日• を面積などの要件にかかわらず、企業やNPO法人の施設に転用の可能化や、地方に本社機能を移した企業への税制優遇措置などの規制緩和 、観光客の誘致、道路や港のインフラ整備などの事業に対して、補助金で支援などの施策を行うほか 、を交付されていない一部の自治体以外の対象事業に、企業が寄付をした場合、約3割の算入と、最大で3割のを合わせて、寄付額の約6割が減税の対象となる「地方創生応援税制( ) 」。 『読売新聞(YOMIURI ONLINE)』2015年12月11日• 国の総合戦略に設定している主なKPIは以下。

によるへの資金貸付• 総合特区• 地方自治体におけるSDGsの達成に向けた取組と、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じた、より一層の地方創生に向けて、地方自治体及び地域経済に新たな付加価値を生み出す企業、専門性をもったNGO・NPO、大学・研究機関等の広範なステークホルダーとのパートナーシップの深化、官民連携の推進を図るため、「環境未来都市」構想推進協議会を発展的に改組し、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」を発足することとなりました。

内閣府「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」へ参画しました|セカンドサイト株式会社のプレスリリース

創 地方 生 府 内閣 創 地方 生 府 内閣

- チャンネル• の設立手続きの迅速化 (の特例 )• 第十六条の二『e-Gov法令検索』 2015年12月26日閲覧• 45 これから活用が期待される制度改善 取組名 掲載ページ 目次 P. 例えば人口流入策なら、一定期間の流入数や増加率のような、自治体自らが策定した具体的な数値目標を、が精査して交付額や対象事業を決定し、進捗状況を国や地域住民とともに毎年検証して、場合によっては見直しを求めたり交付の変更が可能と 、目標達成のために、具体的な数値目標を立て、その進捗状況を計測する「 (重要実績評価指標)」の設定や、「 」を確立するとともに、個々の事業において民間資金を誘発し、将来的には本交付金に頼らない自立した事業構築を促すとしている。 の優遇措置などの課税の特例の適用 (の適用 )• をもとに編集『内閣府>内閣府の政策>経済財政政策>経済対策の進捗状況>「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」の進捗状況』2015年11月4日• 起業・開業・雇用• 『日本経済新聞』2016年4月26日• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2014年度ので「地方創生先行型交付金」「地域消費喚起・生活支援型交付金」として、それぞれ1700億円、2500億円が配分され、前者は観光振興や産業振興、人材育成・確保などの事業に、後者はプレミアム付きや、ふるさと名物商品・旅行券、多子世帯等支援策などに使用された。

5
8を達成し、東京一極集中の是正を行うことによって、2050年台の実質を1. をもとに編集『まち・ひと・しごと創生本部>施策等>地方創生人材支援制度』2015年12月26日閲覧• 種類 ビジネスカテゴリ キーワード• 第十七条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 通常、が必要なを、地方自治体の研修の修了で可能に (の特例 )• 会社概要 会社名:セカンドサイト株式会社 設立:2016年6月1日 所在地 :東京都中央区日本橋本町3-2-11 井門日本橋本町ビル 4F 代表者名:代表取締役社長兼CEO兼CAO 高山 博和 事業内容: アナリティクスとテクノロジーを活用したサービスとソリューションの提供 ホームページ:• ・等による規制の特例措置 「」も参照 総合特区 [ ] 日本の経済社会の活性化と持続した発展のために、産業構造や国際的な競争条件の変化、少子高齢化の進展などの経済社会情勢の変化に対応して、産業の国際競争力の強化と、地域の活性化に関する施策を推進する特区。 8万人)• 『産経ニュース』2014年12月3日• 55 地方分権改革における、地方の課題解決の第一歩 提案募集方式について 内容 掲載ページ P. 『NHKニュース』 2015年12月24日• 第二十四条の三『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• をもとに編集『地方創生推進室>環境モデル都市・環境未来都市』2015年12月26日閲覧• 『千葉日報ウェブ』2015年11月15日• 『日本経済新聞』2015年9月11日• それぞれの都道府県の出身や勤務経験がある、各省庁の職員が対応にあたる。

会議・資料

創 地方 生 府 内閣 創 地方 生 府 内閣

第十三条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 評価・論点 [ ]• 第二十八条、第五十六条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• すなわち、ESGに配慮しながら業績を出し、商品の背景に社会課題の解決を通したストーリーを産み出す、これからの企業経営・商品開発のあり方なのです。 『リセマム』2015年10月22日• 地方創生人材支援制度 [ ] の補佐役として、国家公務員や大学の研究者、民間の人材などを派遣し、地方創生に意欲のある市町村の総合戦略の施策の推進を支援する制度。

法人税の優遇措置などの課税の特例の適用 (租税特別措置法の適用 )• 夫婦の予定子供数(平均は2. 第十二条の四『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 第二十九条、第五十七条『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 第十二条の二『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 地域再生• 「小さな拠点」の形成数:1000か所(2016年度722か所)• 1兆円)• 関連URL. 地方や、地域の町中への移住を希望する、50代以上を中心とした中高齢者の生活拠点「( 日本版CCRC)」や、診療所や学校、交通サービスなどの各種生活支援機能を集約・確保する「 小さな拠点」の形成事業に対して、情報・人材・財政支援に加え、移住者の雇用や介護サービス等の、事業のための認可手続きを簡略化する特例措置などを行う。 『Catalyst』2016年11月16日閲覧• 第二十条の三『e-Gov法令検索』2015年12月26日閲覧• 『日本経済新聞』2015年3月4日• 中古・市場規模:20兆円(2013年11兆円) 政府関係機関の地方移転 [ ] 東京一極集中是正の観点から、や研究・研修機関などの地方移転を検討。