キース ジャレット。 Keith Jarrett

新作『ブダペスト・コンサート』10月30日リリース!

ジャレット キース ジャレット キース

シェナンドー• - ベース• キースジャレットのおすすめの名盤「My Song」 キースジャレットはいくつものバンドを組んでいましたが、中でもヤン・ガルバレク、パレ・ダニエルソン、ヨン・クリステンセンとのヨーロピアンカルテットで演奏された 「マイソング」は人気の名盤です。 ソロの即興演奏のコンセプトとモチーフのベースとなった『ケルン』以降、『ケルン』が1975年だから、それ以降20年。 1977年• - テナー・サックス、ソプラノ・サックス• バイオグラフィ [ ] 出生・活動初期 [ ] にて出生。

14
メインディッシュの後のデザートの様な味わい。 アート・ブレイキー、マイルス・デイヴィスらのバックを務めたことでも知られるジャズ・ピアニスト、キース・ジャレット。

キースジャレットのおすすめの名盤7選!一度は聴いておきたい天才の奏でる音楽!

ジャレット キース ジャレット キース

『キース・ジャレットの頭のなか』、2013年。 最終的には、キースが最悪の悪夢だと思った完璧以下のピアノが、災いよりも福と恩恵になった。 『バッハ:フランス組曲』 - Johann Sebastian Bach: The French Suites(1991年録音) ECM New Series 1993年(CD 2枚組)• 実は1973年の完全即興ソロコンサートの時はコンディションが最悪だったらしく、プロデューサーのマンフレート・アイヒャーはキャンセルを提案したそうですがキース・ジャレットは断固拒否してコンサートを決行したそうです。

2
Twitterで、松和のマスターが呟く。 。

「観客のせきで集中力がそがれてしまった」 キース・ジャレットさん、コンサート中に何度も演奏中断: J

ジャレット キース ジャレット キース

さらに酷いことに、彼の体調も良くなかった。 本作は、2016年ヨーロッパ・ツアーから2作目となるコンプリート・ショーの録音盤で、ブダペストのベラ・バルトーク国立コンサート・ホールでのソロ・ピアノ演奏を記録。 トリオのインタープレイとしては、もはや「無敵」の内容である。

ジャズ者の聴衆にすら迎合することのない、圧倒的なキースのキースによるキースの為のソロ・パフォーマンス。

キース・ジャレットのソロ・ピアノ・アルバム|1971~1980年のソロ・ピアノ作品|HMV&BOOKS online

ジャレット キース ジャレット キース

「両手で弾くピアノ演奏を聴くと、身体的にもどかしいんだ。 23,677件のビュー• の作品に参加, 『テイルズ・オブ・アナザー』 - (1977年2月録音) ECM 1977年• いつもどこかに散りばめられているグルービーなリズム&ビートはどこへやら。

10
の作品に参加, 『クロースネス』 - (1976年1月、3月録音) 1976年• CD 3枚組。 家族のルーツがハンガリーにあるジャレットは、このコンサートを故郷への帰郷のようなものと捉えており、聴衆にも説明している通りバルトークへの生涯の愛着という意味においても、多くの創造的な即興演奏にインスピレーションを与えたようだ。

キース・ジャレットおすすめ名盤5選【美しい旋律と芸術的即興演奏の極み】

ジャレット キース ジャレット キース

『ケルン』とこの『ラ・スカラ』含めて9枚のソロ盤を積み重ねてきたが、この『ラ・スカラ』で一旦の区切り、節目を見たのではないか。

14
享年85歳であった。 このコンサートは忘れられないものとなった。

キース・ジャレット 『マイ・ソング』 Keith Jarrett Quartet

ジャレット キース ジャレット キース

完全なオリジナル、完全即興演奏一色の内容。

14
Twitterで、松和のマスターが呟く。 Gary Peacock『Tales of Another』(写真左)。

キース・ジャレットが75歳の誕生日に未発表音源「Answer Me」を公開

ジャレット キース ジャレット キース

18,933件のビュー• 考えられん」「マナー守れない人が多くて泣ける。 『ブリッジ・オブ・ライト』 - (1993年録音) ECM 1994年• 確かに、プレゲンツでのライブ音源のみなので、邦題については理解出来る。

10
理想的なインタープレイの実例がこの盤に詰まっている。 『ウィーン・コンサート』 - (1991年録音) ECM 1992年(「」におけるライヴ)• 『ケルン』で聴き親しんだフレーズの「骨格」がここかしこに聴かれるのが楽しい。