松下 幸之助 一 日 一 話。 松下幸之助

松下幸之助の一日一話

幸之助 一 日 一 話 松下 幸之助 一 日 一 話 松下

にはの後継者育成目的でを設立する。 自転車屋奉公時代、来店客に度々を買いに行かされた。 1974年からまでの後任として崇敬会第3代会長を務め、後にも第8代会長を務めた。

19
1万部• 三重県鈴鹿市内にある松下幸之助社案内石碑と説明表示 主著 [ ] 詳しくはを参照。

122. 「ダム経営」について発表 1965年(昭和40年)

幸之助 一 日 一 話 松下 幸之助 一 日 一 話 松下

事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 家が松の大樹の下にあったところから松下の姓を用いたとする。

6
幸之助は書き終えたとき「自分は結局このことが言いたかったのだ。 。

責任者の意識を変えた一言

幸之助 一 日 一 話 松下 幸之助 一 日 一 話 松下

『人生心得帖』(PHP研究所、1984年9月) - 54. 自分の考え方の根本はこれに尽きる」とさえ思った• 『人を活かす経営』(PHP研究所、1979年9月) - 32. 提灯の「雷門」の下加輪には「松下電器産業株式会社 松下幸之助」と金文字で大きく刻んだ一際目立つプレートが貼られている。 住民投票の結果を受け、記者会見する吉村洋文大阪府知事(左)と松井一郎大阪市長。 そう言われてじっくり考えてみると、暑い倉庫の中で一所懸命仕事をしてくれる者、お客様にかわいがられている者、経理が迅速で的確な者など、部下一人ひとりの長所が思い出され、自分を助けてくれる大切な存在だということに気づいたといいます。

16
終生で通した。

松下幸之助「一日一話」

幸之助 一 日 一 話 松下 幸之助 一 日 一 話 松下

『経営心得帖』(PHP研究所、1974年7月) - 46. 『仕事の夢・暮しの夢』(実業之日本社、1960年2月) - 29万部• 操作や水洗いも簡単になった画期的な新製品だったが、重役陣の反応はいま一つ。

3
人はだれにでも、必ずどこか良いところがあるものです」と返したのです。 しかし、新型ソケットの売り上げは芳しくなく、友人2名は幸之助のもとを去ったが、川北電気(現在の)から扇風機の部品を大量に受注したことにより窮地を脱した。

大前研一「大阪都構想は原点に戻れ」 松下幸之助の言葉を思い出せ

幸之助 一 日 一 話 松下 幸之助 一 日 一 話 松下

カラーテレビの景品として頒布された大阪万博松下館タイムカプセルの模型にも、数cm角のにされ内蔵されている• 晩年、雑誌の取材で「何かひとつ夢を叶えるとしたら何を望みますか? カテゴリ:• について、1960年の暮れに米と特許使用許諾契約を結んだ日本側15社のうちの一社に松下電器産業が含まれ 、にも参加する など、初期参入企業の一社であったが(実機「MADIC」の研究開発製造は松下通信工業(現))、1964年10月に撤退を表明した。 開放経済下の今日、欧米の企業のように余裕のある、安定経営を志すときである」と強調し、その方策の1つとして「ダム経営」について発表した。 当時のは自宅に直接電線を引く方式で、電球の取り外しも専門知識が必要な危険な作業であったため、簡単に電球を取り外すことができる電球を在職中に考案する。

13
歳男の妹・やす江の夫・中尾哲二郎も一時独立するが、後に松下電器産業へ復帰して副社長・技術最高顧問を務めた。

松下幸之助 一日一話

幸之助 一 日 一 話 松下 幸之助 一 日 一 話 松下

そして、日々充実を感じ、さらに1年を、ひいては生涯を充実したものにするためには何が必要か。 『人生問答』(上・中・下)(共著:松下幸之助・)潮出版社 評伝 [ ]• 1971年、へ多額の寄付を行い、松下記念図書館が竣工された。 。

11
それは設備だけではなく、資金、人材、在庫についても同様である。