曖昧 意味。 「曖昧模糊」の意味とは?使い方と例文・類語表現も紹介

「曖昧」と「あやふや」と「うやむや」の違い・意味と使い方・使い分け

意味 曖昧 意味 曖昧

「曖昧模糊」は黒白がはっきりせず、色々な解釈ができる「あやふやな度合いが極めて高い」時に使うと、言葉の威力を最大限に発揮できます。 「曖昧」の言葉の使い方 「曖昧」という言葉は、どっちつかずではっきりしない態度のことを 「曖昧な態度」、内容がぼやけていて意図が分かりにくい言い方のことを、 「曖昧な言い方」、あやふやで正確さに欠ける説明のことを、 「曖昧な説明」といいます。

11
これは、その人が置かれた立場や状況によって、敢えて曖昧にしておくことが得策なケースもあるからで、白黒はっきりさせることが良いとは限らないということなのです。

【曖昧】の例文や意味・使い方

意味 曖昧 意味 曖昧

また、「抽象的」には「曖昧」や「大雑把」と似ている言葉がありますが、違いを説明できますか。

5
が『の七つの型』 1930 でこれを詩の大きな特徴であると主張して以来,言語技術の一つとしてむしろ積極的に評価されている。 あいまいな説明 an unclear explanation• 状況によって実際意思を推測するのは大変なのではないだろうかw どうするとよく理解できるのか。

「曖昧」と「あやふや」と「うやむや」の違い・意味と使い方・使い分け

意味 曖昧 意味 曖昧

Wikipediaによると「民度」とは『民度(みんど)とは特定に地域に住む人々の知的水準、教育水準、文化水準、行動様式などの成熟度の程度を指すとされる。

このように「大雑把」と「抽象的」は意味が異なります。

曖昧の意味

意味 曖昧 意味 曖昧

めっちゃくちゃいっぱいあるし、覚えることも私にっとて難しすぎる。

13
これを「あやふや」で置き換えると不自然である。

曖昧の意味

意味 曖昧 意味 曖昧

また、「何か消化が良くなる食事をしたい」は抽象的な願望ですが、「最近太ってしまったので、脂っこいものを食べず一回の食事の量も減らし、野菜をたくさん使った料理が食べたい」は具体的な願望となります。 「曖昧」「うやむや」は故意の場合があり、「あやふや」はありません。 「あやふや」は考えや態度がいい加減で信頼感がないこと、故意ではなく自分でもどうしてよいのか迷っている状態のことをいいます。

あやふや。 単純に相手への不満を伝える表現として使っているとしても、その言葉を選択するようになった背景として、もう少し大きな社会的な変化から、個々人が、知らず知らず影響を受けているのではないかと思う。

「曖昧模糊」とは?意味や使い方をご紹介

意味 曖昧 意味 曖昧

つまり「曖昧」はどちらも同じ意味の漢字を重ねたもので、「はっきりしないこと」「ぼやけていること」や「いかがわしい」といった趣旨の言葉です。 十、肢體上的親暱接觸,摸頭、捏臉、搭肩等。 粗雑なさま。

前者は「けっコー」で、後者は「ケッこー」というアクセント(カタカナのほうを強く読む)になるので、それで聞き分けているのかも。 「故意の隠滅」と言い換えると分かりやすい。

曖昧とは

意味 曖昧 意味 曖昧

実体的・個別的なさま」を意味します。 はっきりしないことで、故意に内容を曖昧模糊にしようとしている。 わざと意図的にぼかすことが有り、都合の悪いことがばれないようにすることです。

4
否定的なニュアンスなので、「漠然としている」といわれるのはあまり気持ちのいいものではありません。

【曖昧】の例文や意味・使い方

意味 曖昧 意味 曖昧

「曖昧」はわざとする場合と本当に意味がはっきりしない場合があります。

ただし、『西洋に原語を有しない「民度」は意味の曖昧性ゆえの概念としての稀薄性により、明治初期の思想家たちの間で定着』しなかったという。