感服 の 至り。 「感服」とは?意味や使い方!例文や解釈

「感謝の至り」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!

至り 感服 の 至り 感服 の

例えば、友達が素晴らしい行いをしたことを知り、感心した場合には「君の行いを聞いて感服したよ」と、この言葉を使用し伝えることができます。

「彼の考え方には-した」 〔類義の語に「感服」があるが、「感服」はその人の技や行いに深く感動し敬意を払う意を表す。 この記事はそんなあなたのために書きました。

「感服する」の意味と使い方・類語・敬語表現|感心する

至り 感服 の 至り 感服 の

感服させることはできていないものの、いつかさせたいという場面においてこのような使い方をすることで、願望を表すことができます。

18
しかし、目上の人の中には「感服」は失礼と感じる人がいるのも事実。 そのため、目上の人には「敬服」、同等の立場の人や目下の人には「感心」というように使い分ければ問題ありません。

「感服」の意味・使い方|目上の人へ使う際の注意点・類語・英語表現を解説

至り 感服 の 至り 感服 の

一方、「脱帽」は文字どおり「帽子を脱ぐ」ことが元々の意味です。

「感服」を使う際の注意点 目上の人にたいしては「敬服」を使う 「感服」いう言葉が目上の人にたいして失礼にあたるのであれば、どのような言葉を使うのが正解なのでしょうか。 ここから、「感服」には「心から付き従う」という意味があることを理解できるのではないでしょうか。

「感謝の至り」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!

至り 感服 の 至り 感服 の

感服の意味 感服とは 感服とは、 相手に対して深く感心をして、尊敬や尊重の気持ちを抱くことを意味しています。

16
これらはとてもよく似ていますが、それぞれ意味やニュアンスが違います。

「感服」の意味と使い方・類語・目上の人にも使えるのか

至り 感服 の 至り 感服 の

そして、もう1つは「敬服」です。

最後に感服という言葉を考えます。 「感服」は目下の人や同等の人でも使います。

「感服」の意味・使い方|目上の人へ使う際の注意点・類語・英語表現を解説

至り 感服 の 至り 感服 の

意味は「他者の行動や考え、才能や技量などに深く心を動かされ、尊敬の念を抱くこと」を表します。 「感服」とは「相手のことを深く感心し、尊敬の気持ちを持つこと」という意味の言葉です。 こちらは敬語表現で、目上の人に対して使用する場合があります。

そのために違いがややこしいですが、「敬服」の意味があるかないかで判断するとわかりやすいです。