日産 先進 技術 開発 センター。 日産、先進技術開発センターを竣工 環境技術やITS

日産テクニカルセンター 開設から30年

開発 センター 日産 先進 技術 開発 センター 日産 先進 技術

日産先進技術開発センターは2007年に設立され、従業員数は約2,000人。 やたら横文字が多いのが昨今の日産の特徴で、その都度「ここは日本なんだし、もう少しわかりやすく表現してくれてもいいんじゃないか」と感じるが……。 japan","facebook":"201153059899163","facebookUsername":"familymart. さらに同年、近隣に研究・先行開発拠点として「日産先進技術開発センター」が新たに開設しました。

12
AIを使った、それぞれのドライバーに最適な専用のアバターを用意することも考えられているが、それもずいぶん先になる。 実用化にまだ時間がかかることは明らかだ。

NISSAN ADVANCED TECHNOLOGY CENTER

開発 センター 日産 先進 技術 開発 センター 日産 先進 技術

そして、このテクニカルセンターは日産の優れた技術力を世界中に広げていく上で、なくてはならない存在となっています。 20年以上、技術革新をリードしてきたとする日産自動車。 今回は、静止状態の車両(写真)を使って、アバター(分身)との同乗ドライブを疑似的に体験した。

年々高まるソフトウェアに対応すべく、ソフトウェアトレーニングセンターが2017年に設立されています。

第602回:これからクルマはどう変わる? 日産の技術体験会に見る“ちょっと先のテクノロジー” 【エディターから一言】

開発 センター 日産 先進 技術 開発 センター 日産 先進 技術

このほか、NATCの建物は、環境面でもCO2排出量の削減と省エネルギー化などに取り組んでおり、CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)は、最高ランクにあたるSクラスを実現する予定。

18
これまでも、このイベントで紹介された新技術やコンセプトが最終的なプロダクトに落とし込まれたケースは多く、その点では、未来の車両技術を先取りできるチャンスといえる。 その一方で、「将来の自動運転時代を迎えるにあたり、無数の車両からの情報をクラウドに集め走行情報として共有することで、各段に高度な演算ができるようになる」と日産は言っている。

日産先進技術開発センター

開発 センター 日産 先進 技術 開発 センター 日産 先進 技術

今はまだ、車両内にいる人間もアバターを認識するためにARゴーグルを装着する必要があるものの(将来的には無用になるそうだが)、車外にいる人間が、まるで同乗しているかのような感覚が得られるのだ。

4
今後のモビリティーの進化において自動運転やコネクテッド技術が重要な鍵とされているのは周知の通りだが、現時点でも通信技術を活用した渋滞回避をはじめ、目的地までの運転環境をスムーズに整える試みは(徐々にではあるが)行われている。 こうした技術をNTCの展開の際に新しいハードウェアを含めて入れられるということで、開発のやり方が画期的に進歩したような気がしています」と当時を振り返ります。

日産先進技術開発センター

開発 センター 日産 先進 技術 開発 センター 日産 先進 技術

0」まで20年以上技術革新をリードするだけでなく、「プロパイロット」を幅広い車種に展開するなど、普及も推進しています。 《レスポンス編集部》. 研究・開発部門を統括していた前副社長の大久保宣夫氏はテクニカルセンターの発展について、「NTCが開設した時期は、ちょうど計算機を使って、三次元のデータ処理やそれに基づいたシュミレーションの計算といった技術が非常に進歩してきた頃でした。 日産が提唱する「ニッサン インテリジェント モビリティ」は、安心して意のままになるドライビングを実現する「インテリジェンドライブ」、爽快な走りが味わえる「インテリジェントパワー」、そして常に社会とつながる便利さを提供する「インテリジェントインテグレーション」の3つからなっている。

1
バッテリーEVとe-POWERなどを軸にCO2削減を図る プレス向けの「ニッサン インテリジェント モビリティ テクノロジーツアー」では、日産先進技術開発センターで現在開発中の先進技術の数々が披露されました。 また、バッテリーEVの熱効率は電源構成などもあり自動車メーカー単独だけでは向上が難しい現実もあります。

第602回:これからクルマはどう変わる? 日産の技術体験会に見る“ちょっと先のテクノロジー” 【エディターから一言】

開発 センター 日産 先進 技術 開発 センター 日産 先進 技術

そのために考えられたのが、「Metaverse(メタバース)」と呼ばれる仮想空間で生成されたアバターを活用して、新しいコミュニケーションを実現しようという試みである。 機能学習、深層学習によりドライバーの運転特性に合わせて進化させるとしています。

14
NATCとは別の所在地)、神奈川県横須賀市に総合研究所を持つ。 横浜市にある横浜工場(エンジン工場)、横須賀市にある追浜工場(車両生産工場)と併せ、NTCの増強や今回のNATC開設により、同社と神奈川県との連携は深まることになる。