Question: 最も一般的な種類のチョールカルシスト嚢胞は何ですか?

タイプI嚢胞(下の図を参照)は最も一般的であり、80~90%のコレード油性嚢胞を表す。それらは、一般的な胆管の肩骨格または紡錘状の拡張で構成されており、これはダクトのセグメントまたはダクト全体のいずれかを含む。それらは肝内胆管を含まない。

タイプ1コールド油性嚢胞とは何ですか?

局所胆管の嚢胞は、全コルド絨毛嚢胞の最大90%を占めています。 2型 - ダクトからの異常なパウチまたは嚢の開口部。 4型 - 十二指腸の壁の内側の嚢胞。肝内胆管および肝外胆管の両方に4種類の嚢胞。

Type 4 Choledochal嚢胞とは何ですか?

要約。背景/目的:タイプIV - 胆管皮嚢胞は、肝内胆道路内チャネルを含むように延びる胆管の先天性嚢胞性拡張によって特徴付けられる。 IV-Aコルド絨毛嚢胞の管理の単一中心の経験が提示されている。

は、コルド絨毛嚢胞の最も一般的な提示は、コリード油性嚢胞の最も一般的な提示ですか?

子羊と成人には幼児期に診断されます。診断も一般的です。一般的な発表には、腹痛、黄疸、および右上象限の質量が含まれており、小児科患者で最も一般的に見られます。

肝臓の嚢胞をどのように取り除くか?

肝嚢胞の最も効果的な治療は外科的除去です。外科医は通常腹腔鏡下アプローチを使用して嚢胞を除去することができ、それは腹部に2または3個の小さな切開をすることを含む。取り外した後、嚢胞は戻る可能性は低いです。

Tell us about you

Find us at the office

Leichsenring- Stoklasa street no. 11, 45055 Bratislava, Slovakia

Give us a ring

Kirbie Kopac
+97 435 527 786
Mon - Fri, 7:00-18:00

Join us