相応 する。 【相当】と【相等】と【相応】の意味の違いと使い方の例文

相応 (僧)

する 相応 する 相応

相応の応の字を使った別の言葉としては、身分や能力にふさわしいことを意味する「応分」、互いにやり取りをすることを意味する「応酬」、急場に間に合わせることを意味する「応急」、状況に応じて素早く行動することを意味する「即応」などがあります。 日本社会に関する文献資料を読み、日本の社会状況を反映した映像資料を鑑賞することで、特定の時期における日本社会の発展にに関する理解を増やす。 相当の読み方 相当という言葉は「そうとう」と読みます。

6
「相等関係」の意味 一つ目の「相等関係」とは、数学における等式に見られる関係を表す言葉です。

相応の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

する 相応 する 相応

ほどなくして悪霊を呪縛したが、誰も彼も自らが呪縛したものと申し立て、誰の験かわからない。 このとき、二つの対象は互いに等しい、相等しい、相当関係にある、といった言い方がなされます。

13
3年() - 左大臣に請われ、重病のを救う。 凡夫の身でたやすく昇ることができようか」と拒んだが、その念願の深さを知り、行者の念願を助けるという本願にしたがって、相応を連れ都率天に昇った。

相応(仏語)とは

する 相応 する 相応

褒賞にの職位と数多の度者を賜るが固辞。 その後、比良山の葛川(かつらかわ)に参籠(さんろう)し、生身の不動明王を感得したことにより叡南に無動寺明王堂を創建して不動明王を本尊とし、行者が生身不動明王となる為の回峯行根本道場となりました。 斉衡2年() - (西三条大納言)が自分の身代わりに修行謹慎の者を得度させ、一生の師としたいと円仁に依頼。

20
四字熟語「三身相応」の意味 一つ目の「三身相応」(読み方:さんしんそうおう)とは、欠けたところがなく立派であることを意味する四字熟語です。

【相応】の例文や意味・使い方

する 相応 する 相応

「同等」は「全く同じであるさま」を表します。 6年() - 関白の上奏により、無動寺が天台別院となる。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について. 表現方法は「分相応」「それ相応」「年相応」 「分相応」「それ相応」「年相応」などが、相応を使った一般的な表現方法です。

不動明王に祈って天上に昇る 延喜15年、相応は不動明王像に往生を祈念した。

【相当】と【相等】と【相応】の意味の違いと使い方の例文

する 相応 する 相応

元年() - 大願を発して3箇年の間、中の安曇川の滝に篭り、粒食を絶ち蕨類を食す。 分相応の意味とは 「分相応」とはその人が今いる地位や、もっている能力にふさわしいことを意味します。

【3】不動明王の信仰 相応は籠山中に師の慈覚大師から不動明王法(ふどうみょうおうほう)並びに別尊儀軌(べっそんぎき)、護摩法(ごまほう)などの伝授を受け、薬師如来の示現に従って叡南(えなみ)(無動寺谷)に草庵をかまえて苦修練行されました。 託人(よりまし)の法。

【相応】 と 【相当】 はどう違いますか?

する 相応 する 相応

相等を使った言葉として、「相等関係」「収支相等の原則」があります。

1
貞観3年() - 誓いの3箇年が未了であったが、清和天皇の勅命により参内して阿比舎の法 を行ず。