わが 袖 は 潮干 に 見え ぬ 沖の石 の 人 こそ 知ら ね 乾く 間 も なし。 【百人一首講座】わが袖は潮干にみえぬ沖の石の 人こそ知らね乾く間もなし─二条院讃岐 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】

奥の細道を辿る 「泪も落るばかり也」 多賀城

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

平安時代末期の頃は、相次ぐ戦乱に加えて悪疫、飢餓が続き、世の中の人々は生活に疲れきっていました。 「こそ…ね」で係り結びになっているが、文脈上逆接の意で下につながっている。 鎌倉初期の廷臣で歌人。

3
季節は晩秋から初冬、降る時間帯は夕方から夜、というのがそのイメージ。 二条院讃岐の父・源三位は、源氏の一門で、で勝利しますが、全盛の時代にあって出世は遅く、75歳になってやっとになりました。

奥の細道を辿る 「泪も落るばかり也」 多賀城

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

ただ、歌の内容から作者が老年になってからの作品である事が窺い取れます。 「阿耨多羅三藐三菩提【あのくたらさんみゃくさんぼだい(無上最高の知恵を持っている)】の仏たちわがたつ杣に冥加(ご利益)あらせ給え」という歌に基づいています。 物寂しい夕なぎの海辺と、そこで焼かれる藻塩という情景は、待てど暮らせど来ない恋人をなおも待ち続け、恋の思いに身を焦がす女性の姿を視覚的に浮かび上がらせます。

14
「石に寄せる恋」という難しい題に「沖の石」を取り合わせた讃岐の歌によって 「沖の石」はと若狭の二つの歌枕となりました。

二条院讃岐とは

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

この屏風は12ヵ月の年中行事の絵を描いた月次屏風で、この歌は夏(6月)の風物として「六月祓」を描いた屏風に添えられました。

9
二条院讃岐の作り上げた歌の世界で、石は失恋の象徴となりました。

091~100+1

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

ここでの「人」は、「世間の人」とも取れるし、「私を泣かせるあなた」とも解釈可能。 昼間の 時雨がない、などという気象学的事実はないけれど、ここはやっぱり、夜でしょう。 そんな境遇の中で、この歌は、変わらぬ平和を望んだのかも知れません。

7
『小倉百人一首』の中から毎回一首ずつ、100回完結の形式で発行いたし、たくさんの方々に愛読いただいておりました。

92 わが袖は〜 |歌の意味・解説・翻訳【百人一首】

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

ところで、和泉式部に わが袖は 水の下なる石なれや 人に知られで かわく間もなし という歌があります。

com 2009 ・・・この歌の悪評を以てこの解説者(?WHO?)は以後「五ついし(一部いじ)のタヌキ」の悪名で呼ばれることとなる・・・なーんてね、 イッシッシ・・・って、おバカなシミュレーション演じたくなるくらい、 歌詠みとしては「うたてあり(=ふ愉快ーぃ!)」のウタで、 やりたいホーダイ好き放題(=" うた"の原義は実にこれ)にもほどがある、って感じの ダジャレ歌(だれじゃこんなんつくるんは?)で、沼べりの 泡沫の 如くゴボリと音立てては淀んだガス吐き出してすぐ弾けて消える、そんな臭みに満ちてるけれども、 新古今歌人の 藤原定家の 韜晦趣味には 訴ふるもの やありけん・・・のかしらね、 われさはおもはじ・・・わるさはおもわずやりすぎたかしらん・・・けしからん?・・・んでは、 お詫びにもう一つ、彼女の、 佳い歌を、最後に御紹介して名誉挽回: 世にふるは苦しきものを 槙の屋にやすくも過ぐる 初時雨かな(『 新古今集』冬・五九〇・ 二条院讃岐) ・・・こちらは、新古今の中でも指折りの名歌。 つまり、上皇として世の中を憂えるが故に、幕府と対立せざるを得ないという難しい状況にあった彼の深い苦悩が伝わって来るようです。

092 二条院讃岐 わが袖は

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

壬生中納言光隆の子。

1
A stone under the sea invisible in the lowest of tide, No one knows how wet it is, never to appear to men's eyes. 【参議雅経】さんぎまさつね 藤原雅経のこと。 『歌枕 歌ことば辞典』片桐洋一、笠間書院、1999年 人こそ知らね 人は知らないが。

092 二条院讃岐 わが袖は

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

昼間の 時雨がない、などという気象学的事実はないけれど、ここはやっぱり、夜でしょう。 この「人」は、世間の人々の意味とも、恋する相手の意味ともとれます。

5
歌風は絢爛巧緻(けんらんこうち)を極め、父俊成の幽玄体を発展させて有心体を開く。 讃岐はこの歌で「沖の石の讃岐」という異名をとることになります。

百人一首の意味・解説・暗記

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

参考 『後拾遺和歌集』の詞書によると、作者の姉妹のところに通っていた男性(=藤原道隆 みちたか )が、かならず行くとあてにさせておいて来なかったとき、作者が姉妹に代わって詠んだ歌。

【鎌倉右大臣】かまくらのうだいじん 源実朝のこと。 二条院讃岐が詠んだこの恋の和歌は、讃岐が侍女と一緒に海へ行ったときに詠まれたものだと言われています。

【百人一首講座】わが袖は潮干にみえぬ沖の石の 人こそ知らね乾く間もなし─二条院讃岐 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】

乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ 乾く ね ぬ なし 知ら 人 間 見え わが 潮干 袖 の に も 沖の石 は こそ

濃密な味わいとほどよい甘さで、そのまま食べても美味しい黒豆の煮豆を、すっきりした甘さのゼリーに閉じこめ、清涼感あふれる涼菓に仕立てました。 入道前太政大臣は、平安末期の動乱の時代を鎌倉方に味方して生き抜き、承久の乱後は幕府の力をバックにして、太政大臣にまで昇りつめた人です。 「わが恋は」が主語である。

定家の歌の好みが良く分かる作品と言えるでしょう。