岩手 生物 工学 研究 センター。 KAKEN — 研究者をさがす

【プレスリリース】西アフリカの主食作物ギニアヤムの起源を解明

研究 岩手 生物 センター 工学 研究 岩手 生物 センター 工学

県農業研究センター園芸技術研究部花き研究室の内藤善美室長は「鉢物として作りやすく見栄えする品種を育成するのに苦労した。 その結果、ギニアヤムの起源が、サバンナ地帯に生育する野生種アビシニカヤマノイモと熱帯雨林地帯に生育する野生種プラエヘンシリスヤマノイモの雑種であることを、世界で初めて明らかにしました。

今後は、県北農業研究所では定植した雑穀の稈長や出穂日などの特性の評価や優良個体の選抜を行い、生工研ではこれらの材料を用いて遺伝子解析を行う予定です。 近年の出荷量は5000万本前後で推移している。

八重咲きリンドウ新品種 花持ち良く、ボリューム感も 県農研センター開発【岩手】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

研究 岩手 生物 センター 工学 研究 岩手 生物 センター 工学

。 開花期は9~10月。 ヤマノイモ属の根菜作物を総称してヤム Yam と呼びます。

14
品種育成には交配、播種(はしゅ)、育苗、選抜を繰り返すため長い期間が必要となるが、岩手生物工学研究センターが開発した幼苗期の葉から八重咲き株を判別できるDNAマーカー技術を活用し、大幅に育種の効率化を図った。

岩手県

研究 岩手 生物 センター 工学 研究 岩手 生物 センター 工学

ナガイモもヤムの一種です。

18
挿し木繁殖により育成した苗を用いて生産することから21年に農家に苗を供給し、1年間の株の養成期間を経て22年秋に本格出荷となる見通し。

八重咲きリンドウ新品種 花持ち良く、ボリューム感も 県農研センター開発【岩手】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

研究 岩手 生物 センター 工学 研究 岩手 生物 センター 工学

所属 職名 氏名 メールアドレス センター所長 高 畑 義 人 y-takahata センター次長 伊 東 芳 樹 y-ito ゲノム育種研究部 研究部長 寺 内 良 平 terauchi 主席研究員 阿 部 陽 a-abe 主任研究員 竹 田 匠 ttakeda 主任研究員 清 水 元 樹 m-shimizu 研究員 石 川 和 也 k-ishikawa 研究員 杉 村 悠 作 y-sugimura 研究助手 及 川 香 梨 kaori-o 研究助手 宇津志 博 恵 hutsushi 研究助手 伊 藤 和 江 kazue-i 園芸資源研究部 研究部長 西 原 昌 宏 mnishiha 主任研究員 藤 﨑 恒 喜 k-fujisaki 主任研究員 根 本 圭一郎 k-nemoto 研究員 高 橋 重 一 s-takahashi 研究員 J. そのなかでもアワについては、多収、大粒で玄穀が濃い黄色の「ゆいこがね」(平成25年育成)を原品種として突然変異処理を行った集団や、「ゆいこがね」と稈長や穂の抽出(穂首)が短い系統を交配して得られた集団を用い、「ゆいこがね」よりもさらに特性の優れる新品種の育成を目指しています。 今後、これらのゲノム情報を活用した品種改良により、野生種から、耐病性、収量性などに関わる性質をギニアヤムに効率的に導入することで、西アフリカの食料安全に寄与することが期待されます。 21年度の本格生産と早期の生産拡大に向け、県農産物改良種苗センター(奥州市江刺)で種苗の増殖を急ぐ。

6
雄しべが花弁化することで八重咲きとなり、受粉することがないことから1カ月程度は日持ちするという。

研究者一覧

研究 岩手 生物 センター 工学 研究 岩手 生物 センター 工学

中心の茎から側方に出る側枝の発生が良く、花のつぼみが多くボリューム感もある。 八重咲きは今までのリンドウとは違い新しい特徴を持つ。 (県北農業研究所作物研究室 主任専門研究員 高草木 雅人). 今後の需要を拡大する方策として、目新しい八重咲きに着目。

15
なお、本研究成果は、京都大学農学研究科、ナイジェリア国際農業研究センター IITA 、国際農林水産業研究センター JIRCAS 、総合研究大学院大学などとの国際共同研究によるもので、 2020 年 12 月 3 日(木)に米国の国際学術誌「米国科学アカデミー紀要」にオンライン掲載されました。 県による八重咲きリンドウの育種は初めて。

【プレスリリース】西アフリカの主食作物ギニアヤムの起源を解明

研究 岩手 生物 センター 工学 研究 岩手 生物 センター 工学

本県は全国シェア6割を占める日本一のリンドウ産地。

9
2016年度から本格的にバラやカーネーションなどのように多用途で使える品種の育成を進めてきた。