尼子 経久。 尼子経久とは

尼子国久

経久 尼子 経久 尼子

だが、その権力基盤の拡大途上で西出雲のと対立するなど、権力拡大には限界があった。

18
これっぽっちじゃ足りないぐらいよ」 [聖鐘煌月]尼子経久 -天性無欲な祝祭の申し子- 「ついにこの日が来たのね…私を慕ってついてきてくれた家臣や民を、幸せにする絶好の機会が。 尼子氏の勢力拡大 [ ] 永正8年()、中国地方の大々名である当主・が上洛。

尼子氏 - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

経久 尼子 経久 尼子

しかし、配下であった毛利元就は、毛利家中の家督相続争いの末に離反し、大内氏と手を結んだことや、伯耆・備後守護の山名氏が反尼子派であったことなど、トラブルが続き、次第に尼子氏は劣勢になっていくのであった。 しかしその最中、政久は矢に当たって命を落とした。 城を取り戻した経久の動きはその後も続く。

(あまご つねひさ)は、出雲国守護代・尼子清定の嫡男として長禄2年(1458年)に出雲国で生まれました。

尼子経久 謀聖と呼ばれた十一ヶ国太守

経久 尼子 経久 尼子

尼子経久は父清定とともに出雲国を代わりに支配する家柄として出雲国を治めていましたが、独立精神が芽生えたため、その職を追いやられてしまいます。

2
戦場では鬼とも呼ばれ恐れられましたが、その素顔は家臣想いでまた礼儀などを重んじる人としての魅力を備えた人物でした。 の身から地帯11カを支配するまでに成り上がったの先駆者• しかし、その2年後には経久は守護代に復権、以後、急速に足場を固めていき、1508年、主君・京極政経が死去すると事実上出雲を掌握し出雲の統治者となった。

尼子経久

経久 尼子 経久 尼子

1478年頃に家督を継ぐことになった。

16
は山である蔵田房信の・蔵田直信を裏切らせて、蔵田房信をに追い込んで落させり、羽衣・や山名澄之を打ち破ったり、のと争ったりくっついたりする等して勢の拡大に尽した。

尼子経久

経久 尼子 経久 尼子

詮久が毛利氏を安芸に攻めて大敗北を喫した同10年,富田城にした。

9
しかし、京での復権を目指す義澄派の反撃を抑えながら、幕政にも深く関与していた大内義興は、なかなか山口に帰ることができず、約10年もの間、京で過ごすことになります。 謀略の天才といわれた人物だったが、家臣に対しては非常に優しい気遣いをみせたという。

尼子政久

経久 尼子 経久 尼子

また『』によれば9年()、主君・はへの牽制も兼ね、の国人の討伐を計画し、その偵察を兼ねて国久らは3千を率いてへ遠征したとされる。

2
略伝 尼子 経久(あまご つねひさ、1458年12月25日~1541年11月30日、享年:82歳)は別名を十一州の太守、鬼神、雲州の狼、謀聖と言われた中国地方の戦国時代の名将である。 この討伐には当時尼子家中の重鎮であった久幸、そして隠居の身であった経久からも慎重論が唱えられたとされるが、それが容れられる事なく毛利討伐は決行に移され、二度に亘る侵攻は最終的に尼子軍の大敗、そして久幸や安芸国内での勢力基盤をも失う結果に終わった(吉田郡山城の戦い)。

尼子経久 謀聖と呼ばれた十一ヶ国太守

経久 尼子 経久 尼子

天文 てんぶん 10年11月13日、84歳で富田城内に没した。 謀聖死す 嫡男のを失った際に、一度はのに督を譲ろうとしたものの、が固辞した為、孫のが正式な継承者となった。

20
興久は大内義隆(大内氏は尼子と中国地方を二分していた大名家)に援軍を求めましたが、大内としては尼子、塩冶の共倒れを望んでおり、優勢であった塩冶氏には味方しませんでした。

【戦国炎舞】尼子経久SR16の性能

経久 尼子 経久 尼子

5行でわかる尼子経久のまとめ まとめ• 守護代罷免 尼子当主となった経久は、その後主君・京極政経の寺社領を横領し、幕府から段銭(臨時)徴収の命令が出てもこれを拒否して独自に権力基盤を築いていきました。 空席となった出雲守護代には、塩冶掃部介(えんやかもんのかみ)がつき、月山富田城へ入城しました。

1
文明10年()までに父から家督を譲られた。 そのような中で発生した山の戦いではの援軍を得たにの00にも及ぶ大軍を撃退されてしまう。

尼子経久の生涯と逸話 | 世界人物館

経久 尼子 経久 尼子

翌日、その惨殺死体は尼子方に発見された。 また、同時期には興久は大内氏に援助を求めており、経久も同じ時期に文を持って伝えている。 その後、北九州の大友氏と交戦状態にあった大内氏と名目上は和議を結んでいたこともあり、安芸国で台頭してきた毛利元就との合戦が主となりますが、戦いは毛利方優勢で進んでいました。

5年目に京都の滞在生活を終え、出雲国に下向する。 尼子の居城 月山富田城が毛利に包囲された際も、兵糧集めのために自腹を切るなどの忠節ぶりを見せて活躍。