荒子 観音。 荒子観音とは

あらこ たかばたへようこそ

観音 荒子 観音 荒子

参拝記 荒子の街を南北に抜ける元々のメインストリートの北側に建つ「荒子観音」になります。

3
多宝塔 国の重要文化財の「多宝塔」になります。 9784944168378。

神明社(名古屋市中川区荒子町)

観音 荒子 観音 荒子

荒子観音寺の円空仏 [ ] 円空仏の研究は荒子観音寺に始まり、荒子観音寺に終わると言われるほど、荒子観音寺には多種多様な円空仏が存在する。

10
江戸時代には火災に遭うなど、焼失するたびに再建されたという。 多宝塔は天文五年 1536年 五月当時の住僧常佳院賢俊の再建で、大工棟梁は熱田の岡部甚四郎といわれる。

あらこ たかばたへようこそ

観音 荒子 観音 荒子

非常に数が少なく貴重であるとされる「 神像」ですが、基本「 神像」は御神体となっていて、宮司でもよほどのことがない限り見る事が許されない物であり、ましてや宮司以外の神職では絶対に見る事は許されません。

4
織田信長の比叡山焼き打ちに絡んで焼失したが、前田利家によって天正4年(1576)に再興された。 円空は1632年(家光の時代)に生まれた人で、この寺には45歳~54歳ころに数度逗留し造仏されたらしいとのことだす。

神明社(名古屋市中川区荒子町)

観音 荒子 観音 荒子

脚注 [編集 ] []• 実物を見ると確かにその通りだと思われます。 赤い鳥居には「弁財天」と扁額が掲げられ、三社相殿の社には、 弁財天、日吉神社、白山妙理大権現が祀られています。 詳しい由緒は不明ながら、 文化九年 1812年 十一月九日、荒子観音の守護神として鎮祭したとあります。

12
2002年に荒子観音から前田利家の鎧といわれるものが発見され話題になりました。

名古屋市:荒子観音かいわいコース(中川区)

観音 荒子 観音 荒子

その詳細について記載した記事です。 関連ページ 名古屋市中川区の榎津城は室町時代に築かれたお城で城主は武田兵庫右衛門という人でした。

14
円空仏の公開日には境内で円空仏を彫る体験教室が開かれている。 それでも私のような人も多いのか、また温泉以外の娯楽を求める人にも下呂を楽しんでもらうためなのか昭和38年に『飛騨郷土館』が開館されています。

【荒子観音(観音寺)】アクセス・営業時間・料金情報

観音 荒子 観音 荒子

一方で、小島梯次は荒子観音寺に円空が水上で像を彫ったとする記録・伝承が見られないことから、これを否定している。 その後、天正四年 1576年 、前田利家により本堂が再建されています。 5年():現在の山門を完成した。

名古屋名所図会第五巻に描かれている「荒子観音」の風景です。 周辺は住宅地として整備されて、お城の遺構は残っていませんでした。

円空と前田利家の足跡が見つかる荒子観音。「観音さま」とまちをめぐるvol.3

観音 荒子 観音 荒子

荒子観音寺には時点で1255体の円空仏が現存し、移出像11体を含めて1266体が確認されている。 寺号標 山門の脇に据えられた「尾張国四観音 浄海山観音寺」と彫られた寺号標になります。

外部リンク [ ] オープンストリートマップに があります。