統計 で ウソ を つく 法。 ブルーバックス伝説の名著『統計でウソをつく法』100刷突破!(ブルーバックス編集部)

統計でウソをつく法(ダレル・ハフ) : ブルーバックス

を 法 で ウソ 統計 つく を 法 で ウソ 統計 つく

OKネーム… 2. 本日もお読みいただきましてありがとうございます。 作品紹介・あらすじ 世の中には統計が氾濫している。 また、むかしは『巨人の星』で描かれたようなスパルタ教育はさほど「虐待」と見なされることはなかったですが、現在だと星一徹は通報される可能性があります。

189より引用 ここでは、具体的な2つの例を使って数値の見方を考えたいと思います。 経済学者のを掲載しています。

統計でウソをつく方法を読んだ

を 法 で ウソ 統計 つく を 法 で ウソ 統計 つく

最近、数値をもとにした広告や宣伝を多く見かけます。 しかしこのようなときに忘れずに疑問を持つことで検証可能性を探ることはでき、また答えが分かれば歪みを看破することができます。 また、すでにだれかが取得済みの魚拓を取得しようとすると同URLの魚拓一覧が表示されます。

4
若干グラフは右肩上がりですが、それほど頑張って勉強しなかった子なのでしょうか。

【書評】ウソつきになれ!「統計でウソをつく法」

を 法 で ウソ 統計 つく を 法 で ウソ 統計 つく

この本の後、今読み始めたのは、こちら 左はかなり読み終わり、右は広島の紀伊国屋書店で買った本のうちの一つです。 「一般の人たちには本物の調査か、手抜きした調査かの区別がつかない。 さらに突き詰めると、事実そのものにも「主観」が入ってしまうことも。

私が買ったものがちょうど第 100版でした。

「統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門」 データ解析において自分で自分にウソをつかないために

を 法 で ウソ 統計 つく を 法 で ウソ 統計 つく

1年間に米国で銃によって殺される子供の数は、1950年以来倍増している (この文章自体ちょっとややこしいのですが)大学院生は1年間という言葉を抜いて、引用してしまったんですね。

7
前述したように、赤旗のグラフは「印象操作」などと保守系の方々に批判されましたが、2015年度の防衛費についてはこれとよく似たグラフを掲載した他の新聞がありました。 4.大山鳴動 ネズミ一匹 確率誤差のことが書かれています。

【書評】ウソつきになれ!「統計でウソをつく法」

を 法 で ウソ 統計 つく を 法 で ウソ 統計 つく

でも、このサンプルが全体を代表しているといえるでしょうか。 目に見える以上の意味がある場合もあるし、見かけより内容がないかもしれないのである。

9
と考えると、2000年は交通事故で亡くなる方が多い年のように思えます。 割合に注意、基準に注意、絶対数で考える、比較で考える• この「低アルコール飲料」とは、記事によるとチューハイやカクテルなどのこと。

統計のウソを見破るための 5 つの視点

を 法 で ウソ 統計 つく を 法 で ウソ 統計 つく

労働者の意見だけを吸い上げて、多くの人が社会に不満を持っているという統計を取ることもできます。 しんぶん赤旗1月15日付「『戦争する国』へ軍拡加速」より このグラフは、保守・右翼系の方々から「印象操作だ!」とネットで批判されたりもしました。

3
防衛費推移のグラフなどはまさにそうでしょう。 公的なものなので、まったくの嘘ではないと思います。

「統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門」 データ解析において自分で自分にウソをつかないために

を 法 で ウソ 統計 つく を 法 で ウソ 統計 つく

騙されないための知識をしっかり溜めて良い人生を送るのに非常に役立つとともに、純粋にトリックに驚き楽しむこともできる面白い本となっています。 でも、よーく見てみると隅っこの方に(アンケート総数32人)みたいな表示があって、ズコーと滑ることも。

グラフの一番下が0でない場合や途中で間隔が変わっているときなどは要注意です。

【書評】ウソつきになれ!「統計でウソをつく法」

を 法 で ウソ 統計 つく を 法 で ウソ 統計 つく

元々たしかワイドショーなんかでは、何かこういう「大きな流れ」があれば、まぁグラフとかそういうものは流れていたと思うのですが、以前と大きく違うのが、ネットの存在です。 確かに私たちが見たり聞いたり読んだりするものに統計が氾濫しているし、「平均」とか「相関関係」とか「トレンド」とか言って数字を見せられ、グラフを示されると、怪しい話も信じたくなる。 また、「低アルコール飲料」は「販売量」、「ビール系飲料」は「大手5社の課税済み出荷量」となっており、実は比較されているものも異なります。

20
グラフはパッと見て統計値の全体像の理解が目的とされますが、このケースでは左右の軸の基準が異なりますから、パッと見では錯覚をもたらします。