大 糸 線 事故。 昔の鉄道事故と写真集

【事故】湾岸線東 浮島JCTの先で大事故発生!「中央分離帯に乗り上げてる 大型トラック」

線 事故 糸 大 線 事故 糸 大

関西本線列車脱線水没事故 [ ] 減水で姿を現した客車 (昭和31年)7時20分ごろ - 間を走行中の亀山発湊町(現・)行き列車が、金場トンネルを出て150 mほどの地点で土砂崩れに巻き込まれ、客車6両のうち2両目が前後の連結器がはずれ脱線、加太川に転落した。 もし、事故が発生した踏切を高架化工事せずにそのまま廃止した場合は近隣利用者が大きく迂回することを余儀なくされ、迂回路の渋滞の誘発も予想されたことから行われなかった。

8
このときの死者は44人と記録される。

ヒヤリハットは大事故のもと!?ハインリッヒの法則で労災を防げ!

線 事故 糸 大 線 事故 糸 大

JR西日本は関西の有力企業であるが、事故直後、南谷昌二郎会長が副会長を退き、垣内剛社長は代表幹事の内定を辞退した。 この社員らが職場に連絡をしたところ、上司から出勤命令が出たため、この社員は救助活動をせずに出勤したことが判明。

6
そのため、早期のATS設置が決定した。

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

線 事故 糸 大 線 事故 糸 大

普通列車の先頭車両はその衝撃で上り線側に飛び出し、信号所の建物に突っ込み、上り線路を支障した。 14名が死亡した。

12
火災の原因は、主抵抗器が過電流により過熱して、上部にある製から出火し延焼したものとされた。 EF58 66:で甲修繕を施工。

【事故】湾岸線東 浮島JCTの先で大事故発生!「中央分離帯に乗り上げてる 大型トラック」

線 事故 糸 大 線 事故 糸 大

事故原因は当日駅構内のポイント工事中で手信号による列車誘導をしていたが、工事前にポイントを間違って切っていたため。 新幹線ひかり号車軸折損事故 [ ] 1966年(昭和41年) 19時ごろ を東京にむけて出発した「42号」(18時00分発・0系12両編成)が、熱田付近の曲線を走行中の最後尾の台車から異常振動と火花を出していることをが視認した。 その後事故から40年余りが過ぎた2004年ごろに高架線が完成し、この踏切は廃止された。

以前と比べシンプルな線路配置となり、ポイントも3か所から単純な片開き分岐2か所に整理された。

日本の鉄道事故 (1949年以前)

線 事故 糸 大 線 事故 糸 大

一方、後続の吉野行き電車では気づけず前部から多くの重傷者が出た。 事故現場付近には慰霊碑が建てられている。

事故発生直後、いち早く現場へ駆けつけて救助を始めたのは近隣住民である。 直接原因は、急行運転士の信号無視と制動操作の誤りとされたが、・(のほか、1974年までがあった)の観戦客輸送で急行通過が10分程度遅れていたことを理由として、回送電車の出発を優先して急行に停止信号を出した駅員の運転取扱いも問題とされた。

福知山線脱線事故から15年、鉄道の「人的ミス」はなぜ起こるのか

線 事故 糸 大 線 事故 糸 大

『新愛知』では西手金(の誤植か)発、『朝日新聞』では発• 詳細は「」を参照 2006年 [ ] 伯備線保線作業員死傷事故 [ ] (平成18年) 13時20分頃() 武庫のJR西日本の区間で、内で作業中だった同社の作業員5人が発行きの「9号」にはねられ、3人が死亡、2人が負傷した。 事故現場ではこの第310列車の通過後40分間は列車が来ないことになっており、この間にレールを交換する予定であった。

2
乗客25名と運転士1名が乗車していたが、重傷2人、軽傷24人と全員が負傷した。