筑紫 国造 磐井。 岩戸山古墳-筑紫国造磐井の墓-

筑紫物部、磐井

国造 磐井 筑紫 国造 磐井 筑紫

「国造」(くにのみやつこ)とは、 ヤマト政権から任命されてその土地を統治していた豪族のことです。

埃塵相接。 加羅王は、この港は官家を置いて以来、朝貢するときの渡航の港であるのになぜ隣国に賜うのか、と日本を怨み新羅と結んだ。

筑紫の君、磐井

国造 磐井 筑紫 国造 磐井 筑紫

なお、古田氏が云われる、唐軍が上妻の縣に来襲して暴力を行った可能性を否定はできないが、事実であるなら、岩戸山古墳の古墳本体への破壊や石人山古墳の家型石棺を粉砕する等、徹底した破壊が行われたと思われが、現状は上妻の縣の人々の蛮行程度の破壊である。 1 しかし、わたしは『日本書紀』の記事から、磐井の乱とは「筑紫と火の領地争い」であり、上妻の縣の人々は、火に加担して石像を破壊した加害者と考えた。 ii 「火」と継体との間で、対「磐井」について協調の関係があった。

まず、『日本書紀』の「磐井の乱」を、継体と麁鹿火が九州王朝の全領土を分割し占領する目的で起こした乱の成功譚と解釈された。

「磐井の乱」を考える

国造 磐井 筑紫 国造 磐井 筑紫

公園内は「岩戸山 古墳」を中心に広場や、復元住居が並び、散歩する老夫婦や遊ぶ親子連れに格好の公園として整備されている。 なぜなら、この風土記が編集された時点から考えると、磐井の乱とは一〇〇年以上の前のことであるから、そのような昔の戦乱での負傷者が、編集時点に生存している訳がなく、古老の言は過去形で理解した。

20
『日本書紀』によれば、筑紫君葛子は「父(磐井)の罪に連座して罰せられることを恐れ、(粕屋)の屯倉を献上して死罪を免れることを請うた」と記しているが、磐井はこの時期に、少なくとも九州の北半分を勢力下に置いていたことを『日本書紀』は記している。

【磐井の乱とは】簡単にわかりやすく解説!!起こった理由や経過・その後・語呂合わせなど

国造 磐井 筑紫 国造 磐井 筑紫

(六)「磐井の乱」の概要 『日本書紀』の内容を以上のように理解した。

11
23年〔529〕3月、百済王が下哆唎国守穗積押山臣に、加羅の多沙津を百済朝貢の経由港に請うた。

【磐井の乱とは】簡単にわかりやすく解説!!起こった理由や経過・その後・語呂合わせなど

国造 磐井 筑紫 国造 磐井 筑紫

・相当大規模な軍事力を保有していた 半独立国家であった ・福岡県内を根拠地とし、北九州~中九州にかけての一大勢力圏を持っていた (5世紀後半頃は、肥の国・豊の国と周辺がそのエリアであったと推定されている) ・乱の鎮圧後、磐井の息子(葛子)がその領地の一部を献上して赦されており、大和政権内部ともパイプが 繋がっていた。 すなわち磐井の乱までのヤマト王権とは強い中央集権体制であったのか、それとも各地豪族の連合的政権であったのか、についての議論がなされている。 側(かたはら)に石猪四頭有り。

11
筑紫の君薩夜麻が唐に囚われの身になっている間に、天智が九州王朝の乗っ取りに成功したのであろう。 しかも和歌山も根強く徐福伝説の残る土地である。

磐井の乱になぜ新羅が関わってくるの?分かりやすく解説するよ。

国造 磐井 筑紫 国造 磐井 筑紫

『国造本紀』には磐井と新羅の関係を示唆する記述がある。 乃ち共に一女子を立てて王と為す。 その後の消息を国史は記していない。

18
15 時代はさらに下って天文五年(一五三六)、大内義隆は先祖代々の宿願であった大宰大弐に補任されたが、当時としては有名無実にすぎない地位を求めたのも、一族の心に残っていた九州王朝の残映のせいであろうか。 平生の時、預め此の墓を造る。

筑紫君磐井とは

国造 磐井 筑紫 国造 磐井 筑紫

送葬に川をたどって近江に入った。

7
それはなぜかというと、ヤマト政権が国を直接まとめていたのではなく、地方はそれぞれの豪族が各々の土地を支配し、その豪族が大王に服従するとの意思を表して家来となり、姓という称号を授けられ、はじめて誼を結ぶというかたちで統治されていたからです。