キャンディ ブーケ 作り方。 手作りキャンディブーケで記念日をお祝いしませんか?安いけど豪華でかわいいよ

キャンディーブーケの簡単な作り方!100均材料で安い手作りプレゼント

作り方 キャンディ ブーケ 作り方 キャンディ ブーケ

やわらかいし、緑のペーパーが巻いてあるので、ブーケ作りに最適。 と、いうわけで今回はっしー流の作り方ではありますが、 100均グッズで「バルーンブーケ作り」にチャレンジしてみました。

8
バランスがとれたら、形が崩れないように持ち手の部分を縛りましょう。 あとは全体を包装紙で包むだけ。

お菓子ブーケの作り方!簡単かわいいキャンディ・お菓子の花束をプレゼントに♪

作り方 キャンディ ブーケ 作り方 キャンディ ブーケ

なお、ラッピング時の写真は撮り忘れたので、Youtubeなどの動画を参考にしてください(笑) ぬいぐるみなどで飾り付けをする(所要時間:約5分) 花束のラッピングが終わったらほぼ完成したようなものです。 なければ割り橋やプラスチックストローを代用してもOKですが、見た目がイマイチになってしまうので、マスキングテープを巻いておくといいかもしれません。

10
後で造花と一緒にまとめるので、なるべくスティック部分は長めに残しておきましょう。 そういった視点からおすすめなのが、グリコから販売されているビスコです。

キャンディレイの作り方!簡単&キュートなお菓子のネックレス [子供の行事・お祝い] All About

作り方 キャンディ ブーケ 作り方 キャンディ ブーケ

なお、りんごなどの果実を加えるときには果実を竹串に挿して固定して束ねます。 100均アイテムなどを使ってハートをアレンジに加えたり、赤やピンクの可愛いお花やラッピングペーパーを使うと、バレンタインらしい花束に仕上がるでしょう。

6
3枚とも角を少しずつずらした状態に置くのがポイント! 6. お菓子ブーケの作り方!簡単・プチプラ!! ブーケというからには花束を作るわけです。 包むお花をまとめ、輪ゴムで留めます。

お菓子ブーケの作り方!簡単かわいいキャンディ・お菓子の花束をプレゼントに♪

作り方 キャンディ ブーケ 作り方 キャンディ ブーケ

贈りたい相手が遠方に住んでいたり、フラワーショップが近くにない場合は、事前に準備するのもなかなか大変です。 一気に針金をくっつけるよりかは、何本かに分けてセロハンテープでくっつけた方がベターです。

14
この状態で一度紐もしくはゴムでしっかりと留めておきます。

お菓子ブーケの作り方!簡単かわいいキャンディ・お菓子の花束をプレゼントに♪

作り方 キャンディ ブーケ 作り方 キャンディ ブーケ

ブーケを作る 造花でブーケを作り、周りや間にキャンディーや金平糖を入れる。 黒いビニールペーパーや包装紙などでおしゃれに包みます。

特殊な包装紙は、外側ではなくとも内側でアレンジして少しだけ見えるような形で包んでもおしゃれです。

お菓子ブーケの作り方!簡単かわいいキャンディ・お菓子の花束をプレゼントに♪

作り方 キャンディ ブーケ 作り方 キャンディ ブーケ

特殊な紙は最後に包みます。 次の記事では、男性が喜ぶバレンタインのメッセージについてご紹介しています。

1
お菓子をスティック状にする(所要時間:約5~10分) 棒が付いていないお菓子にワイヤーやペーパーストローをくっつけて、マスキングテープで固定します。 その形状を利用して、そのまま造花と併せてカラーセロハンで包んでしまえば簡単にキャンディーブーケを作ることが出来ます。

セレモニーシーズンに♪話題の「バルーンブーケ」を100均グッズで作ってみた

作り方 キャンディ ブーケ 作り方 キャンディ ブーケ

そのさらに上から、クリア(透明)のラッピングペーパーで包みましょう。 というわけで、大好きなダイソーを物色し、ブーケに使える材料を集めて作ってみました。

不織布シート• カジュアルなお祝いにもぴったりのギフトとして注目されているキャンディブーケは、「ポップで可愛いくてインスタ映え抜群!」とSNSでも評判です。

チュッパチャップスや100均グッズで!キャンディブーケの作り方

作り方 キャンディ ブーケ 作り方 キャンディ ブーケ

キャンディやお菓子を写真のようにワイヤーで巻きつける ワイヤーを巻きにくいお菓子を使う場合は、小さなラッピング用の袋に入れてから巻く• セロテープやマスキングテープで お菓子の袋に茎を固定します。 メロウキス 税込108円• 初心者がビスコを使用するときは、メインにキャンディを据えてその周りに散らすように配置すると綺麗に作ることができるでしょう。 装飾品の準備をする(所要時間:約5分) バルーンを膨らませたり、メッセージカードに文章を書いたりします。

14
次の動画では、大きな1枚の紙できれいに花束を作っていく方法をご紹介していますが、写真のようにブーケ状になった花束や、小ぶりなアレンジメントをラッピングする際にとても向いている包み方です。 パッケージの色やデザインでキャンディレイのイメージが変わるので、色やデザインは重視しましょう。