特定 原産地 証明 書。 特定原産地証明書とは?

一般原産地証明の取得方法について!原産地証明を商工会議所で入手する方法について詳しく解説しました。 | 【フォワーダー大学 】国際物流学科 タイキャンパス

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

輸出される産品がEPAに基づく原産品(特定原産品)であることを証明する書類です。 日本貿易振興機構(JETRO)ホームページ「世界各国の関税率(World Tariff)」において、HS コードでEPA税率の有無や税率を確認できます。

11
一般規則 域内原産割合40%、または、関税分類4桁の変更• 詳しくは下記のリンクを参照していただければと思いますが、日本企業のメリットとしては、このEPAを活用すれば、国や商品によっては輸出入時の関税が削減されるケースが多々あります。

EPAとは

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

詳細については、Q6及び を御参照ください。 ASEAN自由貿易地域物品貿易協定(ATIGA): Form D• 再発給を受けることは可能です。 まずは輸出する産品のHSコードを確認しましょう。

3
4.その他 [Q32] 輸入国政府からの確認要請とはどのようなものですか。

「原産地証明書」の基礎知識

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

まずはお気軽にご相談ください。 これまでに日本は次の国・地域と経済連携協定を締結済みです(2017年9月現在)。 下記よりそれぞれ原産地規制の違いについて見ていきましょう。

19
この原産地証明書を発行するための判断基準は、関税法施行令、関税法施行規則、関税法基本通達に定められた原産地認定基準が用いられます。

原産地証明 よくある質問(Q&A)(METI/経済産業省)

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

またメーカー(生産者)ではなく、輸出者が申請する場合は、メーカー側から証明資料を入手する必要があります。 フォワーダーに依頼する際の注意点 フォワーダーに依頼する際の注意点ですが、フォワーダーが作成したとしても サインは必ず貿易登録通りでなければなりません。 先述したように、日本からの輸出品に関する原産地証明書は、一般的な原産地証明書である「非特恵原産地証明書」と、EPAやFTAを締結している協定締約国向けに発給される「特定原産地証明書」がありますが、非特恵の原産地規則は関税法によって定められています。

9
したがって、日本では発給されていません。

EPAとは

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

登録の有効期間は書類の提出から2年間となっています。 [Q5] 第一種特定原産地証明書を取得するにはどのような手続が必要ですか。 一般原産地証明の取得手続き さて船積が確定しましたら原産地証明書の発給手続きを始めます。

15
日本側でや等のを満たすための資料を揃えてせっかく特定原産地証明書を発行しても、現地側でこのHSコードでは輸入許可できない、となれば意味がありません。 注意点 わが国から輸出される全ての産品にEPA税率が適用されるわけではありません。

原産地規則と原産地証明書:マレーシア

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

経済連携協定に基づく特定原産地証明書の発給等に関する法律施行規則様式一覧 特定原産地証明書発給申請書(第三条関係) 第一種原産品誓約書(第三条関係) 証明資料提出同意通知書(第四条関係) 登録申請書(第四条の二関係) 誓約書(第十三条関係) 認定(更新)申請書(第十三条関係) 名称等変更届出書(第十七条関係) 立入検査員証(第二十三条関係) 第一種原産地証明書様式(第六条関係) 日メキシコ協定 日マレーシア協定 日チリ協定 日タイ協定 日インドネシア協定 日ブルネイ協定 日アセアン協定 日フィリピン協定 日スイス協定 日ベトナム協定 日インド協定 日ペルー協定 日オーストラリア協定 日モンゴル協定• ただし、残念なことに実際には国によっては現地税関にてこの差異のために難癖をつけられる、減免が受けられないという話もあります。

15
個々の輸出産品の原産地規則は、本文及び各EPAの附属書である品目別規則(PSR Product Specific Rules )に規定されています。 例えば、付加価値基準(VAルール)を採用する場合、まず自社の付加価値分を算定し、その上で基準を満たすのに必要最低限の原産材料価格を積み上げるべく、価格が高い部品や、原産性の判定がしやすい部品から優先して調査依頼することなどが考えられます。

特定原産地証明書とは?

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

このサインは先に述べました貿易証明登録の際に商工会議所へ提出したサインでなければなりません。

4
以前は関税を減免することで貿易の自由化を進めて、物品のやり取りを活発化させることはWTOが中心となって行われていましたが、加盟国が多くなり、かつ利害がぶつかり合う多くの国が特定の品目について一律に関税を撤廃させることが難しくなり、個別貿易協定 EPAやFTA の交渉が進みました。 特定原産地証明書の指定発給機関である「日本商工会議所」に企業情報を登録します。

特定原産地証明書に用いるHSコード

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

日本は協定を結ぶEPAを例にすると、日フィリピン協定では6ヶ月間、その他の協定(「日本・メキシコ経済連携協定」「日本・マレーシア経済連携協定」「日本・チリ経済連携協定」「日本・タイ経済連携協定」「日本・インドネシア経済連携協定」「日本・ブルネイ経済連携協定」「日本・ASEAN経済連携協定」「日本・スイス経済連携協定」「日本・ベトナム経済連携協定」「日本・インド経済連携協定」「日本・ペルー経済連携協定」)では発給されてから1年が有効期間となります。

14
材料・部品のサプライヤーに対して資料の提出を依頼する際、原産地規則等に関し十分な説明を行うとともに、サプライヤーの負担を最小化するため、原産地規則を満たすために必要最低限の部分について調査依頼することが考えられます。 完全生産品以外のものが日本産として判定されるためには、「実質的変更基準を満たす産品」として認められる必要があります。

貿易証明センター > 一般原産地証明書と特定原産地証明書の比較

証明 特定 書 原産地 証明 特定 書 原産地

「原産地証明書の発給に必要な費用が知りたい」「自社商品の輸出入時の関税が削減されるケースについて知りたい」「海外へ進出したいが何から始めていいのかわからない」「自社商品・サービスが海外現地でニーズがあるかどうか調査したい」…といった海外ビジネスにおける様々なご質問・ご相談を承っています。 「実質的な変更を加える加工または製造の指定」は、同第1条の7に定められており、 原則として、関税率表(関税定率法別表)の「項」(4桁の番号)、つまりHS番号の4桁の変更を伴う加工または製造とされています。

先述したように、日本からの輸出品に関する原産地証明書は、一般的な原産地証明書である「非特恵原産地証明書」と、EPAやFTAを締結している協定締約国向けに発給される「特定原産地証明書」がありますが、非特恵の原産地規則は関税法によって定められています。