プーランク フルート ソナタ。 フルート・ソナタ/sonate pour piano et flute

プーランク「フルートソナタ」について

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

古典的な明晰さ、軽快さのの中に深い憂愁が織り込まれた音楽は他に類を見ないもので(強いて言えばサティに近い)、その大きく深い音楽は反ロマン主義などといった時代特有の美学の枠になど収まりきるものではありません。

7
<解説> 1957年にJ. Period Piece Style Instrumentation flute, piano External Links Navigation etc. フルート・ソナタの録音は(ご存知のように)たくさん出ています。 なおプーランクの自筆譜では元々速度指定をアレグレットとしており、出版時に変更している。

プーランク:フルート・ソナタ

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

意外とポイントはピアノだと思います。

7
同社からはイギリスの作曲家でプーランクの友人でもあったが、にピアノパートをオーケストラ編曲した楽譜も出版されている。 2008年、東京藝術大学音楽学部フルート専攻入学。

プーランクの楽曲一覧

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

ただ、6人のメンバーの音楽観は必ずしも一致していたわけではありませんし、個性もまちまちでした。 しかしミラノ・スカラ座から委嘱されたオペラ『』に取り組んでいる数年の間、多忙なためにその構想は棚上げされていた。

アッセ・ラン(ごくゆっくりと)記された4分の4拍子のフルートの歌で、高雅な哀しみの情を湛えている。 表情が静かであるがゆえにその悲しみの深さは測りがたく、聴いていて心を抉られるような思いがします。

Flute Sonata, FP 164 (Poulenc, Francis)

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

第2楽章では、ピアノの和音連打の伴奏が、フルートの息の長い旋律を支えていく。

8
1950年代以降のプーランクは、親しかった故人の思い出に捧げる室内楽作品をいくつか書いていますが、フルート・ソナタもまた1953年に亡くなった音楽愛好家のクーリッジ夫人の思い出に捧げられた作品です。

Flute Sonata, FP 164 (Poulenc, Francis)

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

2014年、NewYork Young Concert Artist 2014にて最優秀受賞。 主たる資料として、監修者がランパルから受け継いだ作曲者自筆譜、ランパル/プーランクによる57年の初演録音、初版後の59年の録音などを参照。

20
2009年よりパリに留学し、パリ国立高等音楽院に審査員満場一致で入学。

プーランク:フルート・ソナタ

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

私はこの曲を聴く度に、プーランクの天才的な感性を通じてフランス音楽の奥深さというものを思い知らされる思いがするのです。 そんな中で、オネゲルやミヨーほどに知名度はなかったものの、天才的な才能が際立っていたのがプーランクです。 中間部は4分の3拍子を基本としており、ピアノの思い入れを込めたソロに導かれてフルートがべつのなだらかな旋律を歌う。

ソナタというのがすでに古典的な形式の名前です。 その言葉の通り、調性感のはっきりしないテーマは軽やかに流れつつも鬱々とした気分を湛えています。

Flute Sonata, FP 164 (Poulenc, Francis)

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

その後、ランパルだけでなくプーランク自身もピアニストとしてその死まで多くの演奏家と共演し、この作品を広めた。 Please obey the copyright laws of your country. CDでこれだ、というものを知りません。 東京都出身。

3
15才で初リサイタルを行い、東京都立芸術高等学校に進学。

Flute Sonata, FP 164 (Poulenc, Francis)

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

Work Title Flute Sonata Alt ernative. フランス近代の独奏曲は、ピアノは伴奏ではなく、ピアノとの合奏という感じが強いです。 第1楽章は「憂鬱なアレグロ」との標語を持っています。

11
ランパルもガロワも佐久間由美子も聴きましたが…どれもどこかしらうーんです。

フルートソナタ (プーランク)とは

ソナタ プーランク フルート ソナタ プーランク フルート

しかしミラノ・スカラ座から委嘱されたオペラ『』に取り組んでいる数年の間、多忙なためにその構想は棚上げされていた。 これをきちんとできたら、大変なことです。

1
プーランク、フルートソナタについて ソロコンテストに出場する私は、 現代に作られたフランス系で、また短調が合っていると 顧問に言われ、自分自身でも思い、 この曲を選びました。