戦友 歌詞。 戦友

戦友

歌詞 戦友 歌詞 戦友

中「戦友」は禁歌だったが、下士官・古参兵は「今回で戦友を歌うのをやめる、最後の別れに唱和を行う。

16
」と度々行い、士官・上官によって黙認された場合もあり、兵隊ソングとして認知されていた。 歌詞は後掲する。

「戦友」の楽譜や歌詞とmidiやmp3の無料ダウンロード

歌詞 戦友 歌詞 戦友

ここは 御国 みくにを 何百 なんびゃく 里 り はなれて 遠 とおき 満州 まんしゅうの 赤 あかい 夕日 ゆうひに 照 てらされて 友 ともは 野末 のずえの 石 いしのした 思 おもえば 悲 かなし 昨日 きのうまで まっさき 駆 かけて 突進 とっしんし 敵 てきをさんざん 懲 ちょうしたる 勇士 ゆうしはここに 眠 ねむれるか ああ 戦 たたかいの 最中 さいちゅうに となりに 居 おったこの 友 ともの にわかにはたと 倒 たおれしを われは 思 おもわず 駆 かけ 寄 よって 軍律 ぐんりつきびしき 中 なかなれど これを 見捨 みすてておかりょうか 「しっかりせよ」と 抱 だき 起 おこし 仮 かり 繃帯 ほうたいも 弾丸 だんがんの 中 なか 折 おりからおこる 突貫 とっかんに 友 ともはようよう 顔 かおあげて 「 御国 おくにのためだかまわずに 遅 おくれてくれな」と 目 めに 涙 なみだ あとに 心 こころは 残 のこれども 残 のこしちゃならぬこの 身体 からだ 「それじゃ 行 いくよ」と 別 わかれたが 永 ながの 別 わかれとなったのか 戦 たたかいすんで 日 ひが 暮 くれて さがしにもどる 心 こころでは どうぞ 生 いきて 居 いてくれよ ものなといえと 願 ねがいうたに 空 むなしく 冷 ひえて 魂 たましいは くにへ 帰 かえったポケットに 時計 とけいばかりがコチコチと 動 うごいているも 情 なさけなや 思 おもえば 去年 きょねん 船出 ふなでして 御国 おくにが 見 みえずなった 時 とき 玄界灘 げんかいなだに 手 てをにぎり 名 なをなのったが 初 はじめにて それより 後 あとは 一本 いっぽんの 煙草 たばこも 二人 ふたりわけてのみ ついた 手紙 てがみも 見 みせ 合 あうて 身 みの 上 うえばなしくりかえし 肩 かたを 抱 だいては 口癖 くちぐせに どうせ 命 いのちはないものよ 死 しんだら 骨 ほねを 頼 たのむぞと 言 いいかわしたる 二人 ふたり 仲 なか 思 おもいもよらぬ 我 われ 一人 ひとり 不思議 ふしぎに 命 いのちながらえて 赤 あかい 夕日 ゆうひの 満州 まんしゅうに 友 ともの 墓穴 ぼけつ 掘 ほろうとは くまなく 晴 はれた 月 つき 今宵 こよい こころしみじみ 筆 ふでとって 友 ともの 最期 さいごをこまごまと 親御 おやごへおくるこの 手紙 てがみ 筆 ふでの 運 はこびはつたないが 行燈 あんどんのかげで 親 おやたちの 読 よみまるる 心 こころ 思 おもいやり 思 おもわずおとす 一 ひとしずく 思 おもわずおとす 一 ひとしずく ここは kokoha 御国 mikuni を wo 何百 nanbyaku 里 ri はなれて hanarete 遠 too き ki 満州 mansyuu の no 赤 aka い i 夕日 yuuhi に ni 照 te らされて rasarete 友 tomo は ha 野末 nozue の no 石 ishi のした noshita 思 omo えば eba 悲 kana し shi 昨日 kinou まで made まっさき massaki 駆 ka けて kete 突進 tosshin し shi 敵 teki をさんざん wosanzan 懲 chou したる shitaru 勇士 yuushi はここに hakokoni 眠 nemu れるか reruka ああ aa 戦 tataka いの ino 最中 saichuu に ni となりに tonarini 居 o ったこの ttakono 友 tomo の no にわかにはたと niwakanihatato 倒 tao れしを reshiwo われは wareha 思 omo わず wazu 駆 ka け ke 寄 yo って tte 軍律 gunritsu きびしき kibishiki 中 naka なれど naredo これを korewo 見捨 misu てておかりょうか teteokaryouka 「 しっかりせよ shikkariseyo」 と to 抱 da き ki 起 oko し shi 仮 kari 繃帯 houtai も mo 弾丸 dangan の no 中 naka 折 ori からおこる karaokoru 突貫 tokkan に ni 友 tomo はようよう hayouyou 顔 kao あげて agete 「 御国 okuni のためだかまわずに notamedakamawazuni 遅 oku れてくれな retekurena」 と to 目 me に ni 涙 namida あとに atoni 心 kokoro は ha 残 noko れども redomo 残 noko しちゃならぬこの shichanaranukono 身体 karada 「 それじゃ soreja 行 i くよ kuyo」 と to 別 waka れたが retaga 永 naga の no 別 waka れとなったのか retonattanoka 戦 tataka いすんで isunde 日 hi が ga 暮 ku れて rete さがしにもどる sagashinimodoru 心 kokoro では deha どうぞ douzo 生 i きて kite 居 i てくれよ tekureyo ものなといえと mononatoieto 願 negai うたに utani 空 muna しく shiku 冷 hi えて ete 魂 tamashii は ha くにへ kunihe 帰 kae った tta ポケット poketto に ni 時計 tokei ばかりが bakariga コチコチ kochikochi と to 動 ugo いているも iteirumo 情 nasa けなや kenaya 思 omo えば eba 去年 kyonen 船出 funade して shite 御国 okuni が ga 見 mi えずなった ezunatta 時 toki 玄界灘 genkainada に ni 手 te をにぎり wonigiri 名 na をなのったが wonanottaga 初 haji めにて menite それより soreyori 後 ato は ha 一本 ippon の no 煙草 tabako も mo 二人 futari わけてのみ waketenomi ついた tsuita 手紙 tegami も mo 見 mi せ se 合 a うて ute 身 mi の no 上 ue ばなしくりかえし banashikurikaeshi 肩 kata を wo 抱 da いては iteha 口癖 kuchiguse に ni どうせ douse 命 inochi はないものよ hanaimonoyo 死 shi んだら ndara 骨 hone を wo 頼 tano むぞと muzoto 言 i いかわしたる ikawashitaru 二人 futari 仲 naka 思 omo いもよらぬ imoyoranu 我 ware 一人 hitori 不思議 fushigi に ni 命 inochi ながらえて nagaraete 赤 aka い i 夕日 yuuhi の no 満州 mansyuu に ni 友 tomo の no 墓穴 boketsu 掘 ho ろうとは routoha くまなく kumanaku 晴 ha れた reta 月 tsuki 今宵 koyoi こころしみじみ kokoroshimijimi 筆 fude とって totte 友 tomo の no 最期 saigo をこまごまと wokomagomato 親御 oyago へおくるこの heokurukono 手紙 tegami 筆 fude の no 運 hako びはつたないが bihatsutanaiga 行燈 andon のかげで nokagede 親 oya たちの tachino 読 yomi まるる maruru 心 kokoro 思 omo いやり iyari 思 omo わずおとす wazuotosu 一 hito しずく shizuku 思 omo わずおとす wazuotosu 一 hito しずく shizuku. 『』製作:、 テレビドラマ、1963年 脚注 [ ]• 関連ページ 『青い山脈』、『蘇州夜曲』、『東京音頭』、『鞠と殿さま』など、昭和を代表する作詞家・西條 八十(さいじょう やそ)の有名な歌まとめ 激動の昭和初期に生まれた数々の名曲・愛唱歌まとめ 日本の有名な戦時歌謡曲・軍歌・流行歌・行進曲の歌詞と解説・YouTube動画まとめ。 軍律 ぐんりつ 軍隊の規律。

戦友を失う兵士の哀愁を切々と歌い込む歌詞と、同じく哀切極まりない曲が人々の共感を呼び、たちまち全国に広まって永く歌い継がれました。 やがてによって全国に普及した。

美空ひばり 戦友 歌詞&動画視聴

歌詞 戦友 歌詞 戦友

また軍部に便乗した人々から「この石碑を取り払うべし」との意見が出て物議を醸した。 「ここはお国を何百里 離れて遠き満州の 赤い夕日に照らされて 友は野末の石の下」を第1連として始まるこの歌を口ずさめる人も、かなりの年齢にさしかかっていよう。

20
思えば日本を離れ、玄界灘(をはしる輸送船の中)で互いに名乗り合った日から、煙草も分け合い、手紙も見せ合い、互いのことはいろいろ知り合い、いずれ死んだときは骨を拾ってくれと言い合った仲でもある。 歌詞は3番まで。

有名な戦時歌謡・軍歌 歌詞と解説

歌詞 戦友 歌詞 戦友

外部リンク [編集 ]• 私はすぐに抱き起こし、「しっかりしろ!」と声をかけた。 小唄・流行歌 ドリフに氷川きよし、ドラえもんにCMソングと大人気の流行歌 ドリフターズ『ほんとにほんとにご苦労さん』の原曲。 1 ここは御国を何百里 はなれて遠き満州の 赤い夕日に照らされて 友は野末の石の下 2 思えば悲し昨日まで まっさき駆けて突進し 敵をさんざん懲らしたる 勇士はここに眠れるか 3 ああ戦いの最中に となりに居ったこの友の にわかにはたと倒れしを われは思わず駆け寄って 4 軍律きびしい中なれど これが見捨てて置かりょうか 「しっかりせよ」と抱き起し 仮ほう帯も弾丸のなか 5 折からおこる突貫に 友はようよう顔あげて 「お国のためだかまわずに 遅れてくれな」と目に涙 6 あとに心は残れども 残しちゃならぬこの身体 「それじゃ行くよ」と別れたが 永の別れとなったのか 7 戦いすんで日が暮れて さがしにもどる心では どうぞ生きて居てくれよ ものなといえと願うたに 8 空しく冷えて魂は くにへ帰ったポケットに 時計ばかりがコチコチと 動いているも情なや 9 思えば去年船出して お国が見えずなった時 玄海灘で手をにぎり 名をなのったが始めにて 10 それより後は一本の 煙草も二人わけてのみ ついた手紙も見せ合うて 身の上ばなしくりかえし 11 肩を抱いては口癖に どうせ命はないものよ 死んだら骨を頼むぞと 言いかわしたる二人仲 12 思いもよらず我一人 不思議に命ながらえて 赤い夕日の満州に 友の塚穴掘ろうとは 13 隈なく晴れた月今宵 こころしみじみ筆とって 友の最後をこまごまと 親御へおくるこの手紙 14 筆の運びは拙いが 行燈のかげで親たちの 読まるる心思いやり 思わずおとす一しずく. 戦友 戦友 真下飛泉・作詞 三善和気・作曲 1)ここは御国を何百里 離れて遠き満州の 赤い夕陽に照らされて 友は野末の石の下 2)思えば悲し昨日まで 真っ先駆けて突進し 敵をさんざん懲らしたる 勇士はここに眠れるか 3)ああ戦いの最中に 隣に居ったこの友の にわかにはたと倒れしを 我は思わず駆け寄りて 4)軍律厳しい中なれど これが見捨てておかりょうか しっかりせよと抱き起こし 仮包帯も弾の中 5)おりから起こる吶喊に 友はようよう顔上げて 御国のためだかまわずに 遅れてくれなと目に涙 6)あとに心は残れども 残しちゃならぬこの体 それじゃ行くよと別れたが 永の別れとなったのか 7)戦い済んで日が暮れて 探しに戻る心では どうか生きていてくれと 物なと言えと願うたに 8)虚しく冷えて魂は 国へ帰ったポケットに 時計ばかりがコチコチと 動いているのも情けなや 9)思えば去年船出して 御国が見えずなった時 玄界灘に手を握り 名を名乗ったが始めにて 10)それより後は一本の 煙草も二人分けてのみ 着いた手紙も見せ合うて 身の上話繰り返し 11)肩を抱いては口癖に どうせ命はないものよ 死んだら骨を頼むぞと 言い交わしたる二人仲 12)思いもよらず我一人 不思議に命永らえて 赤い夕陽の満州に 友の塚穴掘ろうとは 13)隈なく晴れた月今宵 心しみじみ筆とって 友の最期をこまごまと 親御へ送るこの手紙 14)筆の運びは拙いが 行燈の陰で親たちの 読まるる心思いやり 思わず落とすひとしずく 以上が「戦友」の歌詞です。

1
もちろん実際に従軍した世代の人たちはそんなことはなかったと言うかも知れませんが、戦後に生まれた我々の世代からみると他の軍歌とは明らかに異なった雰囲気が感じられます。

戦友全歌詞

歌詞 戦友 歌詞 戦友

俺に構うな」という。 そう、戦いのさなか、私の隣で友は撃たれ倒れた。

友は「お国のためだ、行け。

戦友

歌詞 戦友 歌詞 戦友

日本軍歌全集 1973 は絶版どころか、中古も手に入りませんので、あれば図書館で借りる、なければ復刻版となります。

8
そう、戦いのさなか、私の隣で友は撃たれ倒れた。 様々な歌詞のバリエーションが存在する。

厭戦の歌――「戦友」|京都府生活協同組合連合会

歌詞 戦友 歌詞 戦友

私はすぐに抱き起こし、「しっかりしろ!」と声をかけた。

4
少し前まで最前線で戦っていたものがここに眠っている。 むしろ「満州」は御国を遠く離れた異郷であると冒頭にあるとおり、何で他人の国に入ってまで戦争をしなくてはいけないんだ、そのためにあいつは死んでしまったんだという反戦・厭戦の気持ちさえ感じられます。

厭戦の歌――「戦友」|京都府生活協同組合連合会

歌詞 戦友 歌詞 戦友

」と度々行い、士官・上官によって黙認された場合もあり、兵隊ソングとして認知されていた。

16
若い血潮の予科練の 七つボタンは桜に錨 「ジョジョの奇妙な冒険」第4部替え歌の元ネタにも 軍歌・軍楽 守るも攻むるも黒鉄の 明治時代後期に成立した海軍行進曲 歌詞は奈良時代の歌人・大伴家持の詞に基づく 西南戦争における警視庁抜刀隊の活躍を称えた行進曲。 「貴様と俺とは同期の桜」の歌い出しで知られる流行歌。