50 にし て 天命 を 知る 意味。 五十にして天命を知る?

50歳になって天命を知るか?

天命 50 意味 を 知る て にし 天命 50 意味 を 知る て にし

ちゅうしんをしゅとし、おのれにしかざるものをともとするなかれ。

13
学ぶことに対して、常に真摯に、謙虚でいることが大事なんだろうと思います。 しかしもまた人間であって、彼の発言が無意識的に彼の生理的諸段階を反映しているかもしれないのであるという。

40にして惑わず、50にして天命を知り、60にして耳に順う・・・

天命 50 意味 を 知る て にし 天命 50 意味 を 知る て にし

そういった長所が失われた今、自分の出来る事はある意味で『限定されてしまいます』 こういった限定された自分が、全ての出発点になる事で、一点集中出来る部分があるからです。

10
しかし、なるほど~~ですね。 では、50歳になったらどうでしょう。

【三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。】

天命 50 意味 を 知る て にし 天命 50 意味 を 知る て にし

そうなると、 「60(歳)にして天命を知る」 ということになるのだろうなぁ・・・。 六十而耳順。

18
「」は四十を越したが祖国を復興させるために決意して帰国したことを指し、五十歳で天命を知ったというのは、魯の政治を壟断(ろうだん)していた御三家を打倒しようとして果たさず、五十六歳以後放浪の旅に出る、この運命をさとったことである。 30歳で、社会上の様々な問題を設定するところは似ていますが、40歳にして惑わずとは、様々な問題に対する解決法や見通しをもてるということで、その分野のオーソリティになれるということです。

【三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。】

天命 50 意味 を 知る て にし 天命 50 意味 を 知る て にし

五十歳を迎え立つとき、天が私に与えた使命を自覚し奮闘することになった。 子曰、吾十有五而志乎學、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而從心所欲、不踰矩、ですか。

ご回答よろしくお願いします。

『論語』〜五十にして「天命」を知るの意味 « CCHP : blog

天命 50 意味 を 知る て にし 天命 50 意味 を 知る て にし

By: 過ちては則ち改むるに憚ることなかれ 【書き下し文】 子曰く、君子 重からざれば、則ち威あらず。 【現代語訳:意味】 老先生の教え。 解釈は人によって多少の差異があるようですが、この一節は、孔子が自分の人生を振り返り、こんな生き方をしてきたということを表現しているものであり、万人が四十歳になると迷わなくなるという意味ではないと私は感じました。

知識や情報を(たくさん)得ても思考しなければ(まとまらず)、どうしていかせばいいのか分からない。 日々の楽しさの方ばかりに目がいってたよ~な・・・(苦笑)。

【三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。】

天命 50 意味 を 知る て にし 天命 50 意味 を 知る て にし

そこで迎えた50(歳)。

18
つい先日誕生日を迎え、とうとう半世紀という節目を迎えたのである・・・。