Question: 母乳育児の間にどの薬物が禁忌であるか?

母親の育児の中に禁忌された薬物、リチウム、口頭レチノイド、ヨウ素、アミオダロンおよび金塩が含まれる。母乳への移行の根底にある原則の理解は重要であるので、乳児への潜在的な悪影響の認識は重要であるので、乳房育児中の禁忌は抗癌薬、リチウム、経口レチノイド、ヨウ素、アミオダロンおよび金塩

を含む。以下のことは、母乳育児への禁忌ですか?

母乳栄養は、フェニルケトン尿症、希少アミノ酸リア、およびガラクトーゼ血症のある乳児のための禁忌です。 2)母親が感染性結核や性疾患などの病気を患っている乳児のために。 3)母親が乳児に有害であるかもしれない薬を飲んでいる幼児のために。

母乳にはどのような薬が影響を与えますか?

ヘロインとコカインのようなストリート薬を母乳を通して赤ちゃんに渡すこともできます。ストリート薬を使ってやめるのに手助けが必要な場合は、ヘルスケアプロバイダーに教えてください。あなたが母乳育児であるならば、マリファナを使わないでください。

抗生物質は母乳育児に禁忌ですか?

抗生物質(メトロニダゾール[閃鞭亜化]、シプロフロキサシン[Cipro])は、乳房に排泄されるため、一般的に泌乳中に回避されるべきです。ミルク;母乳育児や薬物のどちらかが中止されるべきです。これらの薬剤は、おそらく出生能力のために安全であり、妊娠中は母乳育児の禁忌です。

抗生物質は母乳を通して赤ちゃんに影響を与えますか?

ほとんどの場合、抗生物質両親とその赤ちゃんを母乳育児にするために安全です。 「抗生物質は最も一般的な薬の母親の1つです母親は処方されています、そして牛乳にある程度ある程度経ってくる」と、アメリカの小児科のアカデミー(AAP)について説明します。

CANβ遮断薬は妊娠に影響を与えますか?

β遮断薬は妊娠中の女性の心臓状態を治療するための最も一般的に使用される薬の薬の授業。このクラスの薬の一般的な使用にもかかわらず、その安全性を裏付けるデータは限られています。 β遮断薬は胎盤を越えて潜在的に生理学的変化を引き起こす可能性があります。

どのベータ遮断薬が妊娠中に安全であるか?

ラベタロールが妊娠中の他のβ遮断薬より安全であり、この薬物が安全であるという一般的なコンセンサスがあります。妊娠中の慢性高血圧のような条件で急速に初めて選択されています。

薬は母乳に入ることができますか?

すべての薬は母乳に入るのですか?

Tell us about you

Find us at the office

Leichsenring- Stoklasa street no. 11, 45055 Bratislava, Slovakia

Give us a ring

Kirbie Kopac
+97 435 527 786
Mon - Fri, 7:00-18:00

Join us