医薬 基盤 研。 国立医薬品食品衛生研究所 生薬部

マウスの分譲・分与

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

東日本統括部:一丁目5番5号 8階 沿革 [ ]• 第一室・第二室において、天然物医薬品の品質及び有効性・安全性の確保並びに公定書や承認基準への標準化を担当し、第三室において、麻薬及び乱用薬物等の規制・取り締まりに関する業務を担当しています。

2cmの道内屈指の寒冷豪雪地帯である。

資源リスト

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

(詳しくは、) 今回、本プロジェクトに所属して、研究開発および研究支援に携わる事務補助員を募集します。 (17年)- 、、、独立行政法人の組織の一部を統合し、 独立行政法人医薬基盤研究所として設立。 H26年度• 7.提出書類 市販の履歴書用紙又はそれに準ずる様式のものに、学歴・職歴及び志望動機を記入の上、写真を貼付して下さい。

17
さらに、我々が関与する厚生労働行政関連の動向について、科学研究の側面より国民及び諸外国関係者の理解を助けるため、学会、シンポジウム、特別講義等における社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。 さらに自然発症の疾患モデル動物の開発(ELてんかんモデルマウス,MPSマイコプラズマ易感染マウス,ICGNネフローゼモデルマウスなど)も長年に亘って行ってきました。

国立医薬品食品衛生研究所 生薬部

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

マウス凍結胚・凍結精子の分譲 凍結胚・凍結精子も分譲いたします。 理事長 米田 悦啓(よねだ よしひろ) 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所は、日本発の革新的な医薬品などの開発に貢献することを目的として活動してきた独立行政法人医薬基盤研究所と、国民の健康の保持や増進、栄養や食生活に関する調査、研究などを行うことにより、国民保健の向上を目指すことを目的として活動してきた独立行政法人国立健康・栄養研究所が、2015年4月に統合され、2つの研究所を持つ国立研究開発法人として設立されました。

8
メンバー 部長: 袴塚 高志 略歴 業績 社会活動 非常勤職員: 高久 明美 客員研究員: 海老塚 豊 元東京大学薬学部 中村 高敏 元(独)医薬品医療機器総合機構 羽田 紀康 東京理科大学薬学部 川原 信夫 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研 吉松 嘉代 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研 渕野 裕之 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研 熊谷 健夫 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研 河野 徳昭 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研 安食 菜穂子 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研 菱田 敦之 東京農業大学 協力研究員: 糸数 七重 日本薬科大学 平澤 祐介 星薬科大学 若菜 大悟 星薬科大学 白畑 辰弥 北里大学薬学部 中森 俊輔 北里大学薬学部 辻元 恭 東京農工大学 (2020. 保護預かりのためのサポートサービス(凍結胚・凍結精子作製および保護預かり資源からの生体作出サービス)* 沿革 以下に,私ども疾患モデル小動物研究室の前身である国立予防衛生研究所および国立感染症研究所の実験動物関連の沿革を【資料】として示します。

国立医薬品食品衛生研究所 生薬部

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

また、栄養と身体活動に関するWHO協力センターとして国際貢献を進めるとともに、科学的評価に基づいた唯一の健康食品データベース「HFNet」を公開し、多くの専門家に活用されています。 当所の責任において廃棄いたします。 凍結胚・凍結精子の保護預かりサービス(マウス系統の情報は非公開で資源を保管するサービス)*•。

1992年:品川庁舎より新宿区戸山町に移転,獣疫部から獣医科学部(人獣共通感染症室,実験動物開発室の2室体制)に再編,動物管理室は省令室として独立• 通常は、依頼から2、3ヵ月後にマウスを輸送します。

国立医薬品食品衛生研究所 生薬部

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

1978年:筑波医学実験用霊長類センター設置• (平成27年)- 4月1日、独立行政法人を統合し、 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所に改組。

18
『研究資源』は多くの研究に利用して頂いて初めてその価値が生まれます、有償分譲など少々利用しずらい点もありますが、是非多くの方に利用して頂ければ幸いですので、利用する上で問題があればいつでもご意見・ご感想を下記までお寄せください。

TgG3Sマウス

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

医薬基盤・健康・栄養研 実験動物研究資源バンク事業の概要 事業紹介 2015年4月 医薬品の開発や疾患研究には,種々の疾患モデル動物が使用されており,その開発,系統維持,供給は我が国の医学,医薬品等開発研究の基盤として必須であり,長期的安定的な基盤整備が重要です。 実施機関 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 ガイドライン iPS/ES/体性幹細胞の実用化のための培養ガイドライン (無血清培地・iPS/ES/体性細胞の品質評価) 再生医療/細胞治療製造販売承認申請CTD 作成ガイドライン 等 主体 再生医療製品 総括研究代表者 (所属機関) 松山晃文(医薬基盤研究所 難病・疾患資源研究部 難治性疾患治療開発・支援室) 副総括研究代表者 (所属機関) 古江美保(医薬基盤研究所 難病・疾患資源研究部 ヒト幹細胞応用開発室) 開始年度 平成24年度• 凍結方法:2細胞期胚、EFS40-2 step法• また,世界的にも貴重な近交系モルモットを樹立してきました。 資源リスト ヒト組織バンクで分譲可能な資源のリストです。

20
6.仕事内容及び応募資格 ホームページの簡単な更新や外国籍メンバーのサポート、会計業務や書類作成等。 1952年:獣疫部発足(田嶋嘉雄部長,獣疫室,実験動物室[後の実験動物第一室=実験動物開発室],動物管理室の3室体制)• 私たち疾患モデル小動物研究室もその一翼を担うべく日々努力を重ねておりますので,ご支援ご鞭撻のほど宜しく御願いします。

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

医薬品技術及び医療機器等技術に関し、及び等並びにその他のの開発に資することとなる共通的な研究、民間等において行われる研究及び開発の振興等の業務を行うことにより、医薬品技術及び医療機器等技術の向上のための基盤の整備を図るとともに、国民の健康の保持及び増進に関する調査及び研究並びに国民の栄養その他国民の食生活に関する調査及び研究等を行うことにより、公衆衛生の向上及び増進を図り、もって国民保健の向上に資することを目的とする。 問い合わせ先• 医学・創薬に真に役立ち,研究者にとって利用しやすいように,安定した技術と迅速できめ細かなサービスに努めますので,是非ご利用下さい。 また、製薬企業などに対する助成金の交付も行っている。

1
なお、本リストに収載されている試料でも、既に分譲が決定している場合がありますので予めお問い合わせください。 2015年4月:(独)医薬基盤研究所は(独)国立健康・栄養研究所と統合、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所に改称. 2本からの分譲を基本とします。

ご挨拶(理事長・理事)

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

医薬基盤研究所(本所):あさぎ七丁目6番8号• マウス分譲 マウス生体の分譲 少なくとも繁殖用2~3ペア、もしくは凍結胚約50個を融解し、胚移植後、生まれた産仔すべてを分譲します。 さらに、2016年からは、調査の対象地域を、山口県周南市、新潟県南魚沼市などにも拡大させることにより、日本人の腸内細菌叢と食・運動などの生活習慣との関係の全貌の理解に向けて研究を進め、多くの成果が得られつつあります。

2
北海道研究部 - 字大橋108番地4• このように従来は厚生労働省傘下の各組織に分かれていた生物資源5部門,すなわち,国立医薬品食品衛生研究所に属していた細胞バンク,薬用植物及び,国立感染症研究所に属していた遺伝子バンク,霊長類,そして私たちの実験小動物が一つの研究所に統合されたことになり,医学・創薬を支える生物資源センターとしての発展が期待されています。 1.募集人員 事務補助員 1名 2.業務の概要 本プロジェクトでは、創薬バイオインフォマティクス及び計算生物学研究を行なっています。

JCRB Cellbank

基盤 研 医薬 基盤 研 医薬

また、食薬区分、リスク区分、機能性表示食品、指定成分等含有食品、無承認無許可医薬品等に関連する業務にも対応しています。 これらの業務の遂行には、国際的な情報共有及び連携が必須であり、天然物医薬品及び法規制薬物の両分野ともに国際活動に力を入れております。 H28年度• 具体的な内容は、毒性の研究や疾患関連たんぱく質の解析研究、遺伝子導入技術やワクチン・抗ウイルス薬の研究など多岐に渡る。

16
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 正式名称 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 英語名称 National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition 組織形態 本所所在地 〒567-0085 七丁目6番8号 : 資本金 534億7,374万3,022円(2015年3月31日現在) 負債 48億7,395万6,152円(2015年3月31日現在) 人数 役員4名(理事長1、理事1、監事2) 職員323名(うち臨時職員229名) 2015年1月1日現在 理事長 目的 国民保健の向上に資すること 設立年月日 2015年4月1日 前身 独立行政法人医薬基盤研究所 独立行政法人国立健康・栄養研究所 所管 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(いやくきばんけんこうえいようけんきゅうじょ、National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition)は、所管のたるである。 創薬支援戦略室• また、「支援」をもう一つの重要な柱と捉え、創薬支援ネットワークという国の重要なプロジェクトにおいて、ネットワークの中核を担い、創薬支援を積極的に行っています。