横浜 市立 市民 病院。 歯科・口腔外科・矯正歯科

病院概要

病院 市民 横浜 市立 病院 市民 横浜 市立

移転計画 [ ] 同病院は、開設時の敷地(横浜市56番地)の老朽化が著しく手狭になっていることを受けて、移転先の検討に入っていたが、その有力な候補にの敷地とそれに隣接するの社宅用地を挙げていることが産経新聞2014年3月26日付の紙面掲載で分かった。 循環器内科• 7月 - 増床(100床)及び増科(6科)整形外科、皮膚泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、理学診療科、麻酔科を図る。

17
横浜市個別予防接種協力医療機関• 指定精密健康診査実施医療機関指定(1歳6ヶ月児)• 消化器外科のいずれの分野でも日本でトップクラスの治療成績を目指しており、特に悪性疾患については拡大郭清から機能温存、そしてロボット手術などの低侵襲手術まで高度な手術を安全に行い、患者さんの病気の状態や希望に応じたいわゆるテーラーメード医療を提供しています。

消化器外科

病院 市民 横浜 市立 病院 市民 横浜 市立

高度に進行したがんに対しては、手術前あるいは手術後に抗がん剤を組み合わせて、手術も肝臓内の主要な血管を合併切除・再建するなどの工夫をして、切除率を改善するよう取り組んでいます。 呼吸器外科• 全国的にこの領域の手術は危険性が高いことが知られていますが、当科では年間100件を超える肝胆膵外科領域の高難度手術を施行しております。

1
肝胆膵領域(肝胆膵グループ): 対象疾患は良性胆道疾患(胆石症、膵・胆管合流異常症など)および悪性腫瘍(原発性肝がん、転移性肝がん、膵がん、神経内分泌腫瘍、胆道がんなど)です。 血液透析室 診療科外部門• 神経精神科• 新型インフルエンザなどの流行に対応するほか、県内で唯一の第一種感染症指定医療機関としての機能強化を図ります この宣言。

横浜市立市民病院(横浜市神奈川区

病院 市民 横浜 市立 病院 市民 横浜 市立

薬剤部• 栄養部• 母子医療センター 中央支援部門• 救急総合診療科(・救急(ER)外来)• 横浜市立市民病院が開院したのは昭和35年。

17
周囲の血管に浸潤するほど進行して他院では切除不能といわれた患者さんでも、血管合併切除を行うことで良好な成績をあげています。

病院概要

病院 市民 横浜 市立 病院 市民 横浜 市立

(平成21年)• 」と疑念を示していた。 7月 - 理学診療科を放射線科への名称変更。 診療科合計22科制となる。

8
また生体肝移植は、1997年に開始し、2020年3月までに66名の患者さんに実施しております。

消化器外科

病院 市民 横浜 市立 病院 市民 横浜 市立

放射線診断科• 診療内容・特色・主な対象疾患 当科の専門分野は食道、胃、肝臓、胆道、膵臓、大腸などの全ての消化器疾患の外科的治療です。

10
(平成18年)3月 『内視鏡センター』と『外来化学療法室』の2施設を開設。

歯科・口腔外科・矯正歯科

病院 市民 横浜 市立 病院 市民 横浜 市立

整形外科• F・マリノスについては2016年から本拠登録を抹消• 紹介していただく時の留意事項 初診は紹介状が必要です。 生活保護法指定医療機関• (昭和36年)• 膵臓領域では膵がん、神経内分泌腫瘍、慢性膵炎などを対象に診療を行っています。

さらに直腸がんにおいてはロボット手術や手術前治療(抗がん剤治療、放射線治療)などによって肛門温存率が向上しています。 乳腺外科• 骨格的な下顎前突(受け口)、上顎前突(出っ歯)、オトガイ後退、顔面非対称(顎の曲がり)に対する手術症例 113件(2018年度)、口腔癌24件、インプラント義歯30件など。