気象庁 高 解 度 降水 ナウ キャスト。 [B!] 気象庁|高解像度降水ナウキャスト

気象庁、250m四方で予測する「高解像度降水ナウキャスト」提供開始

ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度 ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度

これを「非降水エコー」といいます。 新たに提供する「高解像度降水ナウキャスト」では、30分先までの5分ごとの降水域の分布を250m四方(従来の降水ナウキャストでは1km四方)の細かさで予測し、5分間隔で提供します。

レーダーエコー強度の実況解析値との連続的な利用に適しています。

気象庁の高解像度降水ナウキャストが便利

ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度 ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度

これに伴い、新規に黄砂解析予測モデル格子点値(新形式GPV)の配信を開始します。 これがあれば、1時間後までで雨の状況が今まで以上によくわかり、 雨がいつ降りだすのか?雨がいつ止むのか?雨の強さはどれくらいか? という詳細がわかり、災害対応や、日々の行動に反映できるようになりそうです。 問い合わせ先. 高解像度降水ナウキャストでは、高解像度化とナウキャストの速報性を両立するために、陸上と海岸近くの海上では250m解像度の降水予測を、その他の海上では1km解像度により降水予測を提供します。

5
高解像度降水ナウキャストの解像度 観測及び予測データの高解像度化は、データ容量の増加をもたらします。

[B!] 気象庁|高解像度降水ナウキャスト

ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度 ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度

高解像度降水ナウキャストは、高解像度化した気象庁の気象レーダーや国交省XRAINの観測データ等を利用して作成する250m格子の降水ナウキャストです。 高解像度降水ナウキャストの予測手法 降水ナウキャストが2次元で予測するのに対し、高解像度降水ナウキャストでは、降水を3次元で予測する手法を導入しています。 海上の波しぶきをとらえてしまうことによる非降水エコーは特に春先に顕著に発生することがあり、解析雨量や降水短時間予報では遠方の海上で過大な降水があるように表示されることがあります。

13
高解像度降水ナウキャスト 高解像度降水ナウキャストとは は、気象レーダーの観測データを利用して、250m解像度で降水の短時間予報を提供します。 本枠組みにおける気象庁の貢献 (気象衛星ひまわり関連) SIGMET作成の参考となる情報(気象衛星ひまわり8号の画像や衛星・数値予報プロダクト等)の提供 レーダーでは、大気の状態により電波が屈折することで海上の波しぶきをとらえ、非常に強い非降水エコーを観測することがあります。

気象庁「高解像度降水ナウキャスト」の運用開始

ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度 ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度

強い降水域の位置をわかりやすくするため、画面中心 利用者で設定可能 からの距離を表示できる。 こんな有用な情報を開発できる技術力の高さと無料で提供してくれるいただける 日本という国を誇りに思うとともに、感謝の気持ちでいっぱいになった一日でした。 気象レーダー観測では、アンテナから送信された電波が雨滴によって反射される割合を測定することにより降水の強さを観測します。

高解像度降水ナウキャストは、これら気象ドップラーレーダーの観測データに加え、気象庁・国土交通省・地方自治体が保有する全国の雨量計のデータ、やの高層観測データ、国土交通省レーダ雨量計のデータも活用し、降水域の内部を立体的に解析して、250m解像度の降水分布を30分先まで予測します。 この影響で、高解像度降水ナウキャストでは遠方の海上で強い降水分布を解析することがあります。

気象庁|高解像度降水ナウキャスト

ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度 ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度

高解像度降水ナウキャストの事例 下の図は、平成26年6月29日の大雨を予測した例です。

3
降水の予測 移動及び盛衰の予測 手法についても、これまでの降水ナウキャストから高度化し、特に急な強い雨について予測精度の改善を図っています。 気象衛星「ひまわり8号」の観測データから、夏季日中に発達する積乱雲を早期に検出する技術を活用し、7月19日(水)から、気象庁HPの「雷ナウキャスト」において、夏季日中の落雷の可能性をこれまでよりも早くお知らせします。

高解像度降水ナウキャスト

ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度 ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度

専用のスマホアプリも開発されるようですので、試してみたいと思います。 従来のナウキャストと高解像度降水ナウキャストの比較 東京都内で大量の降ひょうがあった6月24日14時40分の解析 同庁は今回の高解像度化にあたり、気象ドップラーレーダーのデータに加え、気象庁・国土交通省・地方自治体が保有する全国約1万ヵ所の雨量計の観測データ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデの高層観測データ、国土交通省XRAINのデータも活用し、降水域の内部を立体的に解析することによって、精度向上を図っている。

20
これまでは 6時間先までの予想: 1時間先までの予想: 現状値: を利用しておりました。 配信間隔. 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構、気象庁気象研究所及び、九州大学は、気象衛星「ひまわり8号」の観測データを活用することで、アジア・オセアニア域における広範囲での黄砂やPM2. 現在の降雨状況を把握できるサイトとしてはを始めとして、やなどがありますが、気象庁の 高解像度降水ナウキャストもなかなか良さそうだったのでメモ。

気象庁|高解像度降水ナウキャスト

ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度 ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度

気象庁は、アジア・太平洋地域の気象機関による気象警報等の発表を支援する「地区ナウキャストセンター」の運用を平成30年12月20日に開始します。

16
これまで、毎正時の観測データを利用していましたが、今回、計算機能力の向上により新たに10分毎の観測データを利用する環境が整ったことから、 10分毎の観測データを利用したプロダクトの提供を開始します。

気象庁、250m四方で予測する「高解像度降水ナウキャスト」提供開始

ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度 ナウ 降水 気象庁 解 キャスト 高 度

また、高解像度降水ナウキャストは250mの予測期間は30分ですが、予測時間35分から60分までは、30分までと同じアルゴリズムで予測した1kmの解像度で予測を提供しています。 ただ、一つ難点をあげるとすると、情報量が多く、データ量が多いため、 スマホで3Gのデータ通信制限量がある私には家の外でする場合は注意が 必要と思いましたので、付け加えておきたいと思います。

雨がいつ降りだすのか?雨がいつ止むのか?雨の強さはどれくらいか? という詳細な予報は、現在の天気予報では限界があるため、リアルタイムでピンポイント な場所の降水情報を入手する必要があります。