テレワーク 規程。 テレワーク導入時の社内規程整備のポイント(実際の規定例文あり)

【Wordテンプレート付】テレワーク就業規則の必要性と項目解説

規程 テレワーク 規程 テレワーク

また、社内勤務からテレワーク勤務に移行する場合においても、基本給の減額はできません(不利益変更の欄で説明します)。

2
テレワーク移行で不利益変更にならないように注意 テレワーク勤務は、社内勤務とは内容がかなり変わったものになります。

テレワークを導入したら就業規則の変更は必要?

規程 テレワーク 規程 テレワーク

3 第1号に定める情報及び成果物は紛失、毀損しないように丁寧に取扱い、セキュリティガイドラインに準じた確実な方法で保管・管理しなければならないこと。 、又は、会社が契約 指定 している他会社所有の共用施設 以下「共用型 オフィス」という。 (3)社内における従業員への緊急連絡事項が生じた場合、在宅勤務者へは所属長が連絡をすること。

6
労働条件を引き下げることを「不利益変更」と呼んでいます。

【Wordテンプレート付】テレワーク就業規則の必要性と項目解説

規程 テレワーク 規程 テレワーク

情報通信技術(ICT : Internet Communication Technology)の発展によりインターネットを介して地理的に遠くの人と働くことが可能になり、オフィスの外(自宅やカフェ、サテライトオフィスなど)で働いたり、国外の仲間と働いたり、従来の働き方と違う様々な就業形態が可能になりつつあります。

就業規則に定めるべき事項 テレワーク導入にあたり、就業規則など社内規程を変更しないといけないのか?という質問が多くあります。 なお、特に注意いただきたい点については文書に注を入れていますのでご参照ください。

就業規則の改定

規程 テレワーク 規程 テレワーク

もし、影響があれば制度を見直す必要があります。

・平常時はオフィス勤務がベースだが事前申請方式でテレワークも可能 ・緊急時にはテレワークを指示できる ・テレワーク時にもフレックスタイム制を適用 ・別途セキュリティガイドライン、リスク管理規程がある ケースを想定して作成したものです。

【Wordテンプレート付】テレワーク就業規則の必要性と項目解説

規程 テレワーク 規程 テレワーク

「災い転じて福と為す」。 出勤時の満員電車に大きなストレスを感じている人にとっては、魅力的な勤務形態といっていいでしょう。 サテライトオフィス勤務の定義 第2条 サテライトオフィス勤務とは、会社所有の所属事業場以外の会社専用施設 以下「専用型オフィス」という。

4
いずれの場合においても事後速やかに所属長に報告すること。

テレワークを導入したら就業規則の変更は必要?

規程 テレワーク 規程 テレワーク

2 テレワーク勤務者は、貸与された情報通信機器等に、会社の承認のないソフトウェアおよびアプリケーションをインストールしてはならない。 労働時間 従来の制度でテレワーク勤務に対応できるかを検証します。 費用の負担 第14条 会社が貸与する情報通信機器を利用する場合の通信費は会社負担とする。

テレワークの導入にあたり就業規則を変えようとしても、合理性がなく、無効となるリスクもありますので、 事前に弁護士にご相談いただき、弁護士と一緒に就業規則を考えていくことを強くお勧めいたします。

【ひな形付】コロナ禍に伴うテレワーク導入時の社内規程作成と助成金申請

規程 テレワーク 規程 テレワーク

しかし、実際はコロナショック後、労働時間制はこれからかなり変わることが予測されています。 リモートワークという言い方をする企業・団体もあります。 労働条件や就業規則を変更するには、合理性が必要であるとされます。

13
出社する必要がないので、こちらも無駄な移動時間、満員電車などを回避することができます。 テレワーク導入のための各種助成金もありますので、検討してはいかがでしょうか。

【導入担当者向け】就業規則とテレワーク勤務規程の作成・改定のポイントまとめ

規程 テレワーク 規程 テレワーク

テレワーク勤務を命じることについての規定• モバイル勤務の定義 第2条 モバイル勤務とは、在宅勤務及びサテライ トオフィス勤務以外で、かつ、社外で情報通信機器を利用した業務をいう。 テレワークの対象者・手続• (1)既にある就業規則がテレワーク勤務に対応可能かを検証• これは、在宅勤務の場合にかかる光熱費の負担、ネットの通信費用、モバイル勤務の場合のコワーキングスペースの確保代などです。

9
それでも、勤怠管理を行い給与の支払いを行わなければいけないので、みなし労働時間の考え方はとても大切です。

テレワークを導入したら就業規則の変更は必要?

規程 テレワーク 規程 テレワーク

各部著の長との打ち合わせも必要ですし、法律的に正しいのかといった判断については、社労士や顧問税理士に問い合わせること、必要なら作成あるいは監修してもらうと安心です。 テレワーク導入にあたっては、導入する形態に適した就業規程を整えておく必要があります。

サテライトオフィス勤務 自分の会社でもなく自宅でもない場所がサテライトオフィスです。